1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『池田屋事変始末記(冨成 博)』 投票ページ

池田屋事変始末記

  • 著者:冨成 博
  • 出版社:新人物往来社
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2001/03/16
  • 復刊リクエスト番号:3417

得票数
125票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

新撰組と吉田稔麿(サブタイトル)

投票コメント

昴

吉田稔麿に関する本当に数少ない貴重な本。 彼はあらゆる資料から行動を掻い摘むしかなく、それは彼自身の探索にはとても楽しい事だけれども、一つの本にまとまっていて尚且つ自分ではなく他人の検証した「吉田稔麿」という人物を是非読んでみたいと思ったからです。 (2007/11/19)

1

松下村塾の大人物であった「吉田稔麿」の名前が題名に入った、とても貴重な著作。吉田稔麿についての書籍は、市販されているものでも数が少なく、明治の志士大好き人間としては、非常に残念です。 著者の冨成博氏は、松下村塾に集まった志士達に関する著作を多数書いておられるので、内容も期待できます。 復刊をぜひ実現してほしいです。 (2007/02/01)

1

この本は、図書館で借りましたね。学校の宿題で、歴史新聞みたいなのを作らなきゃならなくて。。。お題を新撰組にしたものの、深く調べようとすればするほど、資料が見つからなくて、あったとしても持ち出し禁止だったんです。ぜひとも、手元においておきたい一冊ですので、復刊よろしくお願いします! (2005/11/10)

1

とあるサイト様でこの本が吉田稔麿についての唯一の本であるといえると書いてあり、ぜひとも読んでみたいと思ったから。 それに、好きになったのはマンガからだけれど現実にいたこの吉田稔麿という人についてもっと詳しく知りたかったから。 (2005/04/10)

1

ミーハーでお恥ずかしいんですが、新撰組ブームに乗り本をいくつか読み始めまして興味を持ちました。 歴史小説(伝記?)というジャンルは初めてなので、手探り状態で勉強中です。 そのなかで、この本は吉田稔麿について彼の生涯を現代口語で書かれた本があると知り興味を持ちました。 (2004/05/16)

1

もっと見る

新着投票コメント

吉田稔麿がどのように生きたのかがこの本で感じられるのではないかと思い、すごく読んでみたいです。 (2013/01/03)

0

もっと見る

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

  • 池田屋事変始末記 新人物文庫 吉田稔麿の最期

    池田屋事変始末記  新人物文庫 吉田稔麿の最期

    12 個

    【著者】冨成 博
    【発送】3~6日後

    あまりにも多くの謎と粉飾につつまれている「池田屋事変」のベールをはぎとり、長州側の資料を元に浮かびあがる意外な真相を描く!...

    720 円 (税込)

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2010/03/10
池田屋で何があったのか? 衝撃の真相と若き天才の最期を描いた大作!冨成 博『池田屋事変始末記 吉田稔麿の最期』 (137票)復刊決定!
2005/04/16
『池田屋事変始末記』が規定数に到達しました。
2001/03/16
『池田屋事変始末記』(冨成 博)の復刊リクエスト受付を開始しました。

最近の復刊活動

2009/12/03
「池田屋事変始末記」「箱館戦争史料集」「三国志研究要覧」「誠を生きた男達~歳三と総司~」にリクエストいただいた皆さまにお知らせです。

《交渉結果》出版社へ復刊の可能性を打診

出版社へ交渉を開始いたしました。皆様へお伝えできる情報が入りましたら、ブログにてお知らせいたします。
なお、出版社や著者へ直接お問い合わせされることはご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
2006/02/08
交渉情報追加
出版社を訪問し、復刊を要請。
(交渉先:出版社)
2005/04/16
復刊交渉決定
交渉情報はもうしばらくお待ちください。
公開可能な交渉情報がございましたらすぐにご連絡します。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

日本史に関するQ&A

明智光秀が討ち取った信長の首で〇〇する歴史小説

今から20年くらい前に出版された歴史小説です。「信長の〇〇」か「〇〇の信長」というタイトルでハードカバー上下巻だったようです。ラストのほうで、信長を討ち取った光秀が、その首を使って口淫する内容でした。他...

TOPへ戻る