1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『新しい太陽の書シリーズ 全4巻「拷問者の影」「調停者の鉤爪」「誓士の剣」「独裁者の城塞...』 投票ページ

新しい太陽の書シリーズ 全4巻「拷問者の影」「調停者の鉤爪」「誓士の剣」「独裁者の城塞」

得票数
153票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

世界幻想文学大賞受賞/
テルミニエス・エスト(境界線はここ)という名剣を携えた少年が、
怪異な動物・謎の女性たち・薄氷を踏む困難を乗り越えてゆく成長物語。
カードのエンダーシリーズ・シモンズのハイペリオンシリーズと
並び賞されるべき作品なのに何故絶版になどなってしまったのか・・
1行読み落とすと重大事件が起きているのが原因か?
「拷問者の影」「調停者の鉤爪」「警士の剣」「独裁者の城塞」
シリーズ全4巻お願いします。

投票コメント

古本屋で「拷問者の影」と「調停者の鉤爪」を購入し、世界観に惚れ込んだのです が、絶版のため続きが読めない! なんとか複数の図書館で探してもらい、全4巻読破しましたが、再読および子供らの ためにも全巻揃えたいです。よろしくお願いいたします。 (2005/03/28)

1

古本で偶然手に入れた1巻に感動し、続きは図書館で借りて読みました。さらに、古本が入手困難だったため思い余って原書を購入したほどです(ちなみに読了まで2年かかった・・・)。おかげで未訳の第5巻「Urth of the New Sun」も読めましたが。 1,2巻は古本で手に入れたのですが、もし復刊されたらまた新たに全4巻買い直すと思います。作者の出世作「ケルベロス第五の首」は昨年に邦訳されなかなか好評の様子。SFマガジンでは特集号も出ました。この機会を逃さず、ぜひ復刊して欲しいものです。 (2005/01/09)

1

中学生か高校生の頃、近くの図書館で借りました。昔の事なの で、物語の詳細も余り憶えていませんが(タイトル・著者名も すっかり忘れていました・・・)、ものすごく面白い本だったと いう事と、肝心の最終巻が紛失して借りれなく悔しい思いをし た事ははっきりと憶えています(笑)それから月日が経ち、「あ の本、最後はどうなったんだろう?」と思い、探し始めたのが きっかけです。「絶版」の二文字にがっくりとしましたが、是非 とも復刊して頂きたくて投票しました。 (2004/11/12)

1

学生の頃途中巻まで購入して読みましたが,それほど強い印象もなく,断念しました.現在読み直して,強い感銘を受け,ぜひ最後まで読了したいと感じました.しかし今では,びっくりするような,人の足元を見透かしたような値段でしか手に入りません.何とか復刻していただければ,必ず購入します.人にも薦めます.よろしくお願いします. (2004/10/27)

1

「ケルベロス第五の首」でジーン・ウルフを知りました。 調べてみると未訳の第5巻もあるという話だし、復刊と未訳の両方待たねばならないのは実に辛いことです。 「ケルベロス第五の首」のおかげでネットでも認知度が高まっているようだし、出すならば今だと思います。 (2004/08/01)

1

もっと見る

新着投票コメント

途中までしか持ってないので、どうしても最後まで読みたいんで す! (2005/07/06)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2008/05/29
復刊!ジーン・ウルフ『新しい太陽の書シリーズ 全4巻「拷問者の影」「調停者の鉤爪」「誓士の剣」「独裁者の城塞」』
2005/09/20
『拷問者の影』販売開始しました!
2005/09/20
『調停者の鉤爪』販売開始しました!
2005/09/20
『警士の剣』販売開始しました!
2005/09/20
『調停者の鉤爪』販売開始しました!
2003/09/19
『新しい太陽の書シリーズ 全4巻「拷問者の影」「調停者の鉤爪」「誓士の剣」「独裁者の城塞」』が規定数に到達しました。
2001/03/11
『新しい太陽の書シリーズ 全4巻「拷問者の影」「調停者の鉤爪」「誓士の剣」「独裁者の城塞」』(ジーン・ウルフ)の復刊リクエスト受付を開始しました。

最近の復刊活動

2003/09/19
復刊交渉決定
交渉情報はもうしばらくお待ちください。
公開可能な交渉情報がございましたらすぐにご連絡します。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る