1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『ドクトル・ビュルゲルの運命(ハンス・カロッサ著 手塚富雄訳)』 投票ページ

ドクトル・ビュルゲルの運命

  • 著者:ハンス・カロッサ著 手塚富雄訳
  • 出版社:岩波書店
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2006/04/24
  • ISBNコード:9784003243619
  • 復刊リクエスト番号:33609

得票数
4票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

医師にして詩人であったハンス・カロッサ(1878‐1956)の処女作。謙遜で柔和な一青年医師ビュルゲルが、多くの他人の悩みをまともに自己の良心に引き受けずにはいられないその重荷によって、ついには絶望と破滅にいたるまでの内面的な魂の苦悩を描いて、20世紀初頭の「ヴェルテル」といわれる傑作となった。(岩波ブックサーチャーより転載)1999年出版。
原題 Die Schicksale Doktor bu Rgers.

オーナー評価★★★★★★★★★★

新着投票コメント

復刊をお願いします。 (2006/10/24)

0

とりあえず。 (2006/05/10)

0

ドイツ文学史上に残る傑作です。全集版ではいささか浩瀚。 (2006/04/24)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2006/04/24
『ドクトル・ビュルゲルの運命』(ハンス・カロッサ著 手塚富雄訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る