1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『俳句って、たのしい(辻桃子)』 投票ページ

俳句って、たのしい

  • 著者:辻桃子
  • 出版社:朝日新聞社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2006/02/19
  • ISBNコード:9784022610133
  • 復刊リクエスト番号:32733

得票数
3票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

「額いシワ寄せ、ガマンしながら」の俳句づくりはではなく、「肩の力を抜いて、ラクーにたのしく、でも本気で熱く」。「俳句ってちょっとかっこいいかも」そんふうに俳句を作ってみようかなと思わせてくれる。テレビや雑誌で活躍中の作者が、なぜこんなにも俳句に魅せられてきたのかを、楽しくわかりやすく書いたエッセー。定年になって俳句でも始めようかなと思っている人も、教科書で読んだ俳句だけじゃなく、俳句に興味を持った若い人も、手にとってみたくなる。そして読むと俳句を作りたくなる。

投票コメント

この本を読むと俳句をやってみたい!! と言う気にさせられる。 俳句を始めてみたいと言う人には是非お勧め。 そんな人に何冊かプレゼントしたが、今は手に入らないので是非復刊を!! この本自体楽しく読める名著だと思う。 (2012/11/26)

1

「俳句って、たのしい」というコンセプトを見事に示すエピソードに溢れたエッセー集で誠に楽しい。団塊の世代が定年期を迎え、俳句人口は飛躍的に増える可能性がある。その中で「俳句技術のノウハウ集」や名句の鑑賞辞典などは多く出版されているが、俳句の魅力をこれほど具体的に説得力を持って示している著作はない。 (2006/02/20)

1

この本を読んで俳句を始めました。他にも大勢そういう方を知っています。もっと多くの人に俳句の魅力を伝えることができるのに、絶版とは惜しい限りです。 (2006/02/19)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2006/02/19
『俳句って、たのしい』(辻桃子)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

日本文芸に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

TOPへ戻る