1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 児童書・絵本
  4. 『うるわしのワシリーサ(イヴァン・ヤコーヴレヴィチ・ビリービン)』 投票ページ

うるわしのワシリーサ

  • 著者:イヴァン・ヤコーヴレヴィチ・ビリービン
  • 出版社:ほるぷ出版
  • ジャンル:児童書・絵本
  • 復刊リクエスト開始日:2005/11/25
  • ISBNコード:9784593521265
  • 復刊リクエスト番号:31605

得票数
15票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

物語の主人公は、美しいワシリーサという女の子。8歳の時に母親に先立たれたワシリーサは、意地の悪い継母に引き取られ、二人の連れ子と継母の三人からひどい仕打ちを受けながら働かされますが、実母から授かった魔法の人形がワシリーサを救います。
ロシアの魔女(鬼婆)ババ・ヤーガが登場し、ロシアの森を背景に繰り広げられる物語。『うるわしのワシリーサ』はロシア版シンデレラ物語と謳われているロシア昔話です。


ほるぷクラシック絵本の中でもとりわけ美しい絵本ではないでしょうか。
絵本が出版されたのが20世紀初頭の1902年。法律学を学ぶかたわら、絵画学校に通ったビリービンは、バレエの舞台装置や衣装デザインをてがけるかたわら、ロシアの昔話や童話のイラストを描き、芸術性の高い作品を遺しています。本の一ページ一ページを表現の重要なフレームと見なし、縁飾りやレタリングとイラストレーションを一体化させて、本全体を一つの独立した芸術世界としています。非常に美しい大型絵本です。
ロシア昔話としても、芸術性の高い絵本としても復刊の価値のある絵本です。多くの子ども達に読み継いで欲しい絵本として復刊を希望します。

投票コメント

ビリービンの絵本が大好きです。その色彩と民俗性豊かな画風にどうしようもなく魅きつけられます。ディアギレフやロシアバレエ団にもつながるエキゾチズム、北斎の版画と響き合う構図やデザイン、ため息の出るような美しさ、まさに芸術です。ぜひ復刊してください。 (2009/12/21)

1

ロシアの昔話や童話で芸術性の高い作品を残しているビリービンの美しい大型絵本です。本の一ページ一ページを表現の重要なフレームと見なし、縁飾りやレタリングとイラストレーションを一体化させて、本全体を一つの独立した芸術世界としています。 ほるぷクラシック絵本16冊は絵本の歴史の黎明期の絵本ですが、今現在購入できるのは『もじゃもじゃペーター』と『窓の下で』の2冊のみです。いずれも美しく読み応えのある絵本ばかりですが、絶版であることは非常に残念なことです。 ほるぷクラシック絵本の中でも『うるわしのワシリーサ』はとりわけ美しい絵本です。ぜひ、復刊が叶います様に願っています。 (2006/04/09)

1

興味あります。 復刊されたら見てみたいです。 (2013/05/06)

0

挿絵が素敵なので、手元においておきたい本です。 (2009/01/08)

0

バーバ・ヤガーのイラストが秀逸。 (2008/09/14)

0

もっと見る

新着投票コメント

ビリービンの美しい絵による絵本、ぜひ復刊してほしいです。 (2013/10/27)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2005/11/25
『うるわしのワシリーサ』(イヴァン・ヤコーヴレヴィチ・ビリービン)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

絵本に関するQ&A

昔の絵本のタイトル

夜に家を離れた女の子が出会う動物達に手持ちのものを与えて、最終的に木に登って月を見上げる、という内容だったのを覚えています。 最後あたりの動物達と枝(?)に腰掛けて月を見るシーンが綺麗でした。 色々...

TOPへ戻る