1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『勝利の日記(ヨーゼフ・ゲッベルス)』 投票ページ

勝利の日記

  • 著者:ヨーゼフ・ゲッベルス
  • 出版社:第一書房
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2005/06/18
  • 復刊リクエスト番号:29440

得票数
6票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

ナチス独逸の宣伝相ヨーゼフ・ゲッベルス博士の、ナチ政権獲得迄の日記の日本語訳。政治に於ける「宣伝」の果たす役割が、如何に大きいかが良く分かる。政治を学ぶ者は、是非とも読むべき一冊である。もし宜しければ、当方の他のリクエストも是非御高覧ください。御徒町:上野文庫にて入手(ゲーリング国家元帥・ローゼンベルク・ムッソリーニ統帥等の史料多数登録中) ※ 古書店での入手難易度 ★★★☆☆

新着投票コメント

面白そう。ゲッベルスの日記は断片的にしか知らないのでまとまった物を見てみたい。 (2009/12/06)

0

欲しい (2007/11/28)

0

メディアと政治を再認識する日本人としてよんでみたい (2006/09/04)

0

ナチの宣伝相ゲッベルス。プロパガンダというものがが分かるのではないかと思います (2005/07/01)

0

興味深い内容です。(蔵書有) (2005/06/18)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2005/06/18
『勝利の日記』(ヨーゼフ・ゲッベルス)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

歴史・地理に関するQ&A

明智光秀が討ち取った信長の首で〇〇する歴史小説

今から20年くらい前に出版された歴史小説です。「信長の〇〇」か「〇〇の信長」というタイトルでハードカバー上下巻だったようです。ラストのほうで、信長を討ち取った光秀が、その首を使って口淫する内容でした。他...

TOPへ戻る