1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 実用書
  4. 『バービー大図鑑(中村双葉)』 投票ページ

バービー大図鑑

  • 著者:中村双葉
  • 出版社:ネコ・パブリッシング
  • ジャンル:実用書
  • 復刊リクエスト開始日:2000/12/22
  • ISBNコード:9784873661377 9784873665290
  • 復刊リクエスト番号:2596

得票数
160票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

バービーの歴史を写真も含めて詳しく書かれている

投票コメント

バービーをコレクションするに当たって、初期~現代に至るまで 時系列で掲載されている貴重な本です。海外版は、いくつか出て いますが、何冊も買わないと(人形本体の本と年代別ファッショ ンetc)関連性がわからないので是非復刊お願いします。 (2003/08/10)

1

35年前、小学生だった頃になけなしのお小遣いで買ったアメリカンガールのバービー。子育ても一段落し、またバービーに夢中です。あるのに見ることが出来ないなんて悲しすぎます。バービーのこともっと知りたくて仕方ありません。復刊熱望します。 (2003/06/15)

1

本屋さんで「バービー大図鑑2」を購入し、「バービー大図鑑」があることを知り注文したのですがすでに品切れでした。2はバービーの細かいネタが多く、前作のほうがバービーの王道の写真やネタが多いだろうと思うと見たくてたまりません!図書館にも所蔵はなく、また個人的に所有して家で時々眺めたいのでぜひ復刊して欲しいです! (2002/12/30)

1

日本ではファッションドールに関する本はまだまだ未開拓である。 そのような状況の中で、『バービー大図鑑』のような詳細な内容の 研究本はとても貴重であり、是非復刊してそれを望むバービー・ファン の手に渡るようにして頂きたい。 (2002/06/22)

1

バービーコレクターには幻のような本です。 読んだ人の評価も高く、ぜひ復刻してもらって、実際に読んで見たいです。 オークションなのでも出品してたりしますが、定価の3倍以上の高値がついています。でもそれはあまりよいことだと思えません。 バービーは子供の玩具です。子供の頃遊んだ世代が大人になってもその 魅力に取り付かれているのです。 定価が少し高くなってもよいので、どうかお願いします。 (2001/08/19)

1

もっと見る

新着投票コメント

とにかく夢中になって遊んだバービー。 ちょっとネットで話題を見たので、とても読みたくなりました。 (2018/07/11)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2001/02/03
『バービー大図鑑』が規定数に到達しました。
2000/12/22
『バービー大図鑑』(中村双葉)の復刊リクエスト受付を開始しました。

最近の復刊活動

2011/02/01
復刊活動:「バービー大図鑑」
《交渉結果》交渉した結果、出版合意が不成立 【1/31(月)】

関係各所との話し合いの結果、残念ながら復刊の困難な案件であることが判明いたしました。
復刊ドットコムの力及ばず、大変申し訳ございません。
(交渉先:ネコ・パブリッシング)
2001/04/16
残念ですが・・・
復刊ドットコムにご投票頂き、ありがとうございます。
皆さまにリクエスト頂いた書籍は、残念ながら、私たちの力が及ばず
当面の復刊が難しい状況となりました。私どもとしても、表から裏から、
簡単には諦めずに手を尽くしましたが、どうしても出せぬ事情が存在し、
その願いはかないませんでした。非常に無念です。いつの日か、この状況が
変わらないとは限りませんので、投票はこのまま預からせて頂きますが、
当面は本報告やむなしという状況になりました。われわれの非力を、心より
お詫び申し上げます。今後とも、一層の精進を重ね、著者と読者が復刊とい
う場で出会えるよう努力いたしますので、これまでに倍するご指導、ご鞭撻
をお願い申し上げて、ご報告にかえさせて頂きます。
2001/02/03
復刊交渉決定
交渉情報はもうしばらくお待ちください。
交渉スケジュールが決定次第ご連絡します。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

趣味・スポーツに関するQ&A

昭和58~59年のスポニチの官能小説について

この頃にあった官能小説のタイトルを教えてください。 宇能鴻一郎ではなかったかと思うのですが、はっきりとはわかりません。

TOPへ戻る