復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

46

投票する

アメリカ皇帝になった男の話

アメリカ皇帝になった男の話

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 46

著者 佐山和夫
出版社 潮出版社
ジャンル 文芸書
ISBNコード 9784267011726
登録日 2000/12/13
リクエストNo. 2524

リクエスト内容

かつてアメリカに皇帝がいた!?
19世紀後半、ゴールドラッシュのすぐ後の時代、サンフランシスコにアメリカ皇帝がいた。アメリカ合衆国皇帝、メキシコの護国興、ジョシュア・ノートン一世。サンフランシスコ市民に最も愛された人・・・
「アメリカに皇帝?」
「彼自身がそう信じ、町の人もそう扱ったのだったら、彼は皇帝だったのじゃないかしら。あなただって彼を知れば、きっとその話を信じるこよになりますわよ」
サンフランシスコのウェルズファーゴ銀行史料室の責任者の女性の言葉は正しかった・・・
世に奇人と呼ばれる人々は数多いかもしれないけれど、このノートン一世は特別な存在だった。彼について知れば知るほどファンになってしまう。この時代、他にも皇帝やら王やらを名乗った奇人がいたそうだが、我らがノートンとは比ぶべくもない。この本を読んで彼について知った後は、つい”我らが”と付けたくなる。
彼の在位期間である1859年~1880年は、アメリカが華やいでいた時代でもあり、その頃の風俗、歴史などにも触れる事が出来て、大変興味深い。また彼のような人物を受け入れたその時代のサンフランシスコという町に好印象を持ってしまう。そしてウェルズファーゴ銀行にも。
世に奇人は必要だ、奇人を暖かく受け入れられる町はいい町だ、とそんな気持ちにさせられる。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全45件

  • アメリカ初代皇帝の話の本だ。「あの」世界最大最強の民主主義国、アメリカに皇帝がいたのだ。それもただ「自称」したわけではない。彼は、きちんと皇帝としての職務を果たし、国民に愛され、そして崩御した。この話はジョークのように滑稽であり、あまりにもばかばかしい、そして最高の話をきちんと読んでみたい。 (2006/06/22)
    GOOD!1
  • 皇帝を名乗った男とそれを歓迎した市民のファンタジーにも似たこの物語を読んでみたく、また人にも勧めたいと思います。
    当時のアメリカ市民社会の懐の深さを省みるに現在の状況と比べて今こそこのような寛容とユーモアの精神を再度見つめなおす必要があると思います。 (2005/09/29)
    GOOD!1
  • 一度はちゃんと知りたい、嘘みたいなホントの話。 (2013/06/22)
    GOOD!0
  • ノートン一世に関する文献が不足しているため。 (2011/05/14)
    GOOD!0
  • 合衆国皇帝に関する史料がかつて存在していたと言うことでしたらぜひ復刊を希望します。 (2010/09/29)
    GOOD!0

もっと見る

NEWS

  • 2000/12/13
    『アメリカ皇帝になった男の話』(佐山和夫)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!