1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『新・戦争のテクノロジー(ジェイムズ.F.ダニガン 著 / 岡芳輝 訳)』 投票ページ

新・戦争のテクノロジー

  • 著者:ジェイムズ.F.ダニガン 著 / 岡芳輝 訳
  • 出版社:河出書房新社
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2004/06/23
  • ISBNコード:9784309241357
  • 復刊リクエスト番号:24724

得票数
56票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

内容(「BOOK」データベースより)
ハイテク化が進み、ますます複雑になる現代の戦争の全貌をとらえ、ハード・ソフト両面から多角的に分析する世界に類のない入門基本書。


投票コメント

陸海空の現代戦について網羅してる本。 軍事マニアには、それほど新しい知識は無いとおもわれるが… 鉄道一本当たりの補給量とか、歩兵一人当たりの必要補給量などの数値は面白いか。 あと、各国の陸海軍の装備と練度の相対評価は興味深い。自衛隊はかなりの高評価。 新版では、ステルス兵器やサイバー戦について記述が追加されてるのかな? (2007/09/21)

1

軍事科学の良書です。(厚いのが難点だけど) 思わず忘れる兵站の話とか、ヒューマンファクターに関しても細かい解説が付いてるし。 「国際紛争の読み方」と合わせると「戦争論」(クラゥゼゥイツッです)を読まなくても直感的に国際関係が解かるし。 「新・国際紛争の読み方」も欲しいです。 (2006/01/21)

1

rom

rom

パトレイバーの後藤隊長のセリフの引用元。 92年の本で、すでに過去の本になってしまっているかもしれないが、基本的な入門書としては良書のはず。 是非手に取って読みたい。 (2018/01/23)

0

是非一度読んでみたいと思いながら、なかなか見当たらないため。 (2017/11/26)

0

著者のダニガン氏は、シミュレーションウォーゲーム(ボードゲームの一種)の天才デザイナーとして有名な方です。普通の軍事専門家とは違う切り口での解説は、知的な興味として是非とも読んでみたい。 (2017/07/06)

0

もっと見る

新着投票コメント

読んで見たいのです (2018/10/04)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2013/04/09
『新・戦争のテクノロジー』が50票に到達しました。
2004/06/23
『新・戦争のテクノロジー』(ジェイムズ.F.ダニガン 著 / 岡芳輝 訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

歴史・地理に関するQ&A

明智光秀が討ち取った信長の首で〇〇する歴史小説

今から20年くらい前に出版された歴史小説です。「信長の〇〇」か「〇〇の信長」というタイトルでハードカバー上下巻だったようです。ラストのほうで、信長を討ち取った光秀が、その首を使って口淫する内容でした。他...

TOPへ戻る