1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『タイピー (ポリネシア綺譚)(ハーマン・メルヴィル)』 投票ページ

タイピー (ポリネシア綺譚)

  • 著者:ハーマン・メルヴィル
  • 出版社:福武書店
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2004/04/15
  • ISBNコード:9784434160585 9784828830476
  • 復刊リクエスト番号:23584

得票数
3票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

名作「白鯨」で世界文学の最高峰に立つメルヴィルが、自らの捕鯨船生活に材をとった処女作。
船からの脱走、島の美しい娘との淡い恋、食人種〈タイピー〉族の村での軟禁生活―南海の楽園マルケサスを舞台に繰り広げられる怪奇とロマンに溢れた一大冒険小説。読み出したらやめられません!

投票コメント

19世紀アメリカ文学最大の文豪メルヴィルのロマンチックかつ冒険に富んだ処女作。重厚な彼の作品の中では一番明るく、一気に読み通せます。というか読み出したら面白くてやめられません。 主人公が、苦役に我慢しかねて、船から脱走し、南海の楽園マルケサス諸島に潜伏したまではよかったが、「人食い人種として有名なタイピー族」にだけは捕まるまいと、島中を逃げまくったあげく、一見温厚そうな部族に遭遇します。主人公は、その部族がどんな名前の部族かを知るためと、その部族の歓心を引くために、カタコトの現地語で「タイピー族はイケマセン」みたいなことを話しかける。実は、その温厚そうな部族こそ、何と恐るべきタイピー族だった・・・! これ以上は読んでのお楽しみ。読み出したら、もうノンストップ! (2004/04/15)

1

ぜひ読みたい。 (2008/10/27)

0

ぜひ。 (2006/07/29)

0

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

タイトル

著者名

価格

販売サイト

タイピー 南海の愛すべき食人族たち ハーマン・メルヴィル 著 / 中山善之 訳
1,944円 amazon.co.jp

※こちらの商品は販売先の状況によって品切れになる可能性があります

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2013/12/02
『タイピー 南海の愛すべき食人族たち』販売開始しました!
2004/04/15
『タイピー (ポリネシア綺譚)』(ハーマン・メルヴィル)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

ベネッセコーポレーションに関するQ&A

1968年の中3コースの夏頃の付録小説

ラストのシーンがさわやかで印象に残っている。海辺の崖の上の草原らしい場所で中3の男女二人が遠い海に叫んでいるシーン。

TOPへ戻る