1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 実用書
  4. 『堀井和子の気ままな気ままなおかしの本(堀井和子)』 投票ページ

堀井和子の気ままな気ままなおかしの本

  • 著者:堀井和子
  • 出版社:白馬出版
  • ジャンル:実用書
  • 復刊リクエスト開始日:2000/11/10
  • ISBNコード:9784826602037
  • 復刊リクエスト番号:2231

得票数
155票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

堀井和子さんのお菓子の本で、写真、イラストなど
も手がけていて、とても雰囲気もよくステキな本です。

投票コメント

もう20年も前になりますが、高校生だった私は図書館で借りたこの本をほとんど全ページコピーしていて、何度もお菓子を作ったもんです。コピー代を考えると、なぜ本を買わなかったと、突っ込みたくなるのですが、今でも愛用しているコピーの元本、コピーしていないページも全て見てみたい!是非手元に欲しい一冊なのです。 (2009/10/11)

1

堀井和子さんの他の本を購入して、堀井和子さんのレシピが気に入ったので、古本で「気ままな~」シリーズのパンの本を手に入れ、堀井さんの本でも特に良いので他のシリーズも欲しい!と思ったのですが、絶版で、古本で購入するにも定価の倍以上の売値での取引きとなっており、気に入ったとはいえ、純粋にレシピ本として楽しみたいものに定価の倍以上の金額を掛けるのはちょっと…という感じです。復刊したら是非購入したいので、復刊を切に望みます! (2004/11/17)

1

「粉のお菓子、果物のお菓子」(文化出版局)の原典でもある様な本。 しかも、リング本で大層しゃれた体裁です。 「粉の……」にないレシピもあるし、同じレシピだって、 見比べる楽しみがあり。 復刊するなら、是非、同じリング本の装丁で! 右ページがお菓子の写真とレシピ、 左ペ-ジが動物の置物やアクセサリーなどの写真で、 これがまた、可愛くって粋! 堀井さんのイラストもいっぱい! (2002/12/10)

1

この本のことも堀井和子さんのことも最近知ったのですが、やはり堀井和子さんはカリスマ的存在です。絶版となればやはり欲しい気持ちがつのります。10年も前からこんな素敵なことをしていらしたなんて・・・オークションでは高価な値段で取引されていますし、やはりきちんと復刊されたきれいな本を手にしたいです。どうかよろしくお願いします。 (2002/11/01)

1

この本に出会ったのは中学生のときで、通っていた学校の近くの図書館でした。同じシリーズのパンの本と朝食の本もおいてあった記憶があります。堀井和子さんの本はどれも素敵で集めていますが、この本を含めた3冊がそもそも堀井さんを知るきっかけになった本です。他の2冊は復刊交渉予定のようなので、ぜひこの本も!復刊してください! (2002/10/19)

1

もっと見る

新着投票コメント

堀井さんのエッセイが好きですが、持っているのは文庫が多いです。どの本も写真やイラスト・文章などとてもセンスがよいのでぜひ素敵な装丁のハードカバーで読みたいです。 復刊を望みます! (2011/11/17)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2002/10/19
『堀井和子のきままなおかしの本』が規定数に到達しました。
2000/11/10
『堀井和子の気ままな気ままなおかしの本』(堀井和子)の復刊リクエスト受付を開始しました。

最近の復刊活動

2010/11/03
「堀井和子の気ままな気ままなおかしの本」にリクエストいただいた皆さまにお知らせです。

《交渉結果》打診後の進捗を確認 【11/2(火)】

復刊の可能性をご検討いただけるよう、関係各所へ改めてお願いいたしました。皆様へお伝えできる情報が入りましたら、ブログにてお知らせいたします。

2003/05/31
交渉情報追加
白馬出版が倒産してしまっており、著者との交渉の道を探っております。時間がかかる交渉になりますので「膠着」状態にある事ご理解いただきたいと思います。
もちろん、あきらめるわけではなく、粘り強く復刊交渉は続けて参ります
(交渉先:出版社以外)
2002/10/19
復刊交渉決定
交渉情報はもうしばらくお待ちください。
公開可能な交渉情報がございましたらすぐにご連絡します。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

お菓子に関するQ&A

お菓子とお祭りの本

昭和60年頃に実家で読んでた本なのですが、 ・A6横のサイズ ・表紙は薄い黄緑か薄い緑 ・日本各地のお祭りや伝統菓子の紹介がしてあって、主に文章でしたが所々写真もありました。印象に残ってるのはお祭...

TOPへ戻る