復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

28

投票する

インシュリン物語




復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 28

著者 G.レンシャル、G.ヘテニー、W.フィーズビー著二宮陸雄訳
出版社 岩波書店
ジャンル 専門書
登録日 2000/11/04
リクエストNo. 2184

リクエスト内容

現在糖尿病をコントロールする上で欠かせない薬、インシュリン。
そのインシュリンの歴史を書いた本。
内容:
・インシュリン以前
・発見
・新しい治療
・インシュリンを理解するために
・糖尿病

医学書というより、インシュリンがどうやって発見され、
治療に使われるようになっていったかを物語として読めます。
非常に読みやすい簡単な言葉で書かれています。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全28件

  • 私自身、長く糖尿病の治療を行っていますが、
    インシュリンが発見される以前、糖尿病患者はどんな生活を強いられていたのか、非常に興味がりました。
    この本は、目次を見る限り、大変参考になるのではないかと思います。ぜひ復刻をお願いします。 (2002/11/16)
    GOOD!1
  • 「低インシュリンダイエット」でかなり一般的な言葉になった
    「インシュリン」ですが、その発見は瀕死の糖尿病患者を救うた
    めに奔走し、病気の謎を探る人々によってもたらされた賜物で
    す。命を救うための医薬品が生まれるまでのドラマを知りたいで
    す。人間の体が正しく機能することのありがたさを、現代にいき
    る「健康な」ひとたちすべてに感じてほしい、とねがう一糖尿病
    患者として、この本の復刊を強く希望します。 (2002/09/09)
    GOOD!1
  • IDDM、それはなった人しか分からない病気です。
    しかも、突然訳が分からないまま、なってしまう人もいるのです。
    なってしまってはあきらめるしかありません。
    インスリンは一生必要なものです。インスリンしか残された道は
    ないのです。大袈裟かもしれませんが、私たちIDDM患者にとって、
    インスリンは空気と同じ存在なのです。なくてはならないものです。
    インスリンを使っている人達も使っていない人達も、もっともっと
    インスリンについて知ってもらいたいです。私も知りたいです。
    この本はそれを十二分に満たす事の出来る本だと思います。
    ですから、私はこの本の復刊を希望致します。 (2001/09/19)
    GOOD!1
  • 家族に、IDDM(インスリン依存型糖尿病)患者がおり、日常の生
    活をするために、インスリンの自己注射をしています。
    もし、インスリンの発見がなければ、確実に、発見以前のように
    命を落としていました。まさに、命綱となっているインスリンの
    誕生にまつわるストーリーを知っておきたく、申し込みました。 (2001/06/25)
    GOOD!1
  • インシュリン又は、インスリンどちらの名前でもいいのでしょうが、今現在、私の命を保っていられるのは、この薬のおかげです.新インシュリン物語は、持っているのですが、前々からこの本の存在は、知っていました.ぜひとも読んでみたいと思っています. (2001/05/24)
    GOOD!1

もっと見る

NEWS

  • 2003/01/21
    『インスリン物語』販売開始しました!

  • 2000/11/04
    『インシュリン物語』(G.レンシャル、G.ヘテニー、W.フィーズビー著二宮陸雄訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!