1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『砂の中の扉(ロジャー・ゼラズニイ)』 投票ページ

砂の中の扉

  • 著者:ロジャー・ゼラズニイ
  • 出版社:早川書房
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2003/11/07
  • ISBNコード:9784150104436
  • 復刊リクエスト番号:20597

得票数
17票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

主人公は大学生だったと思う
天涯孤独だが、不思議な身分だった。そして漠然とした未来を前に何となく漂っていた
その彼がある地球外生物と出会う
文化も歴史も違うかれらは状況に困惑しながらも
ある謎を解決しなければならなくなる
その彼らによぎる黒い影・・・
「真世界」シリーズに匹敵する傑作です

投票コメント

10代の時から40台後半の今になっても、愛読書のナンバー1を譲っていません。 あれから何回も引越しして、たくさんの本を処分しましたが、常に本棚の一角を占めています。 これを廃刊にするなんて、早川の見識を疑う。 SFの部分より、主人公のキャンパスライフが断然読み出があります。 嫉妬や羨望や思惑やらなにやらを軽くいなして、屋根の上を闊歩する主人公は最高にかっこいいです。 ハルキやイェーツやシリトーもかっこいい主人公を書きますが、やっぱりこいつが一番です。 (2006/12/25)

1

ゼラズニイの代表作というわけでもなし。みんなにお勧めできるような作品でもなし。でも、好きなので、たまに引っ張り出して読んでる作品です。 今やゼラズニイの本は、ほとんど手に入らないので、是非復刻して欲しい。 (2006/08/29)

1

ゼラズニイで一冊選べと言われたらこれを選びます。 モラトリアム大学生が、銀河連盟に加盟した地球に贈られたスターストーンを巡る騒動に巻き込まれ…。無理にでも卒業させようとする教官や、オーストラリアの有袋類そっくりの異星人など、ユーモアあふれ人情味豊かな青春SF。 お薦めです。 (2004/06/04)

1

もやもやしていた頃の私が この本を読んで随分気持ちが楽になったのを覚えています。愛読していたのですが引っ越しで、なくしてしまいました。本屋に聞いても手に入りません。どうしても欲しいと思います。在庫があったら今すぐ売って欲しいほどです。 (2003/11/07)

1

好きです。今でも読んでます。絶版なんてもったいない‼ (2017/04/23)

0

もっと見る

新着投票コメント

アンバー・シリーズで著者のファンになったのですが絶版ばかりなので (2018/10/28)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2003/11/07
『砂の中の扉』(ロジャー・ゼラズニイ)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る