1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『「ヒーザーン」「テラプレーン」(ジャック・ウォマック(Jack Womack))』 投票ページ

「ヒーザーン」「テラプレーン」

  • 著者:ジャック・ウォマック(Jack Womack)
  • 出版社:早川書房
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2003/07/24
  • ISBNコード:9784150109769 9784150109837
  • 復刊リクエスト番号:18220

得票数
101票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

近未来のアメリカ。長期化する内戦と日常化した暴力の中、人々の生死は、超巨大企業ドライコの手に握られていた・・・。

ギブソン、スターリングらの絶賛を受け、フィリップ・K・ディック賞にも輝いた、全6冊の「アンビエント」シリーズのそれぞれ第3、第2巻の邦訳です。
夭逝した孤高の翻訳家・黒丸尚氏のベスト・ワークのひとつであり、
注目のグラフィック・デザイナー、小阪淳氏が初めて表紙イラスト/デザインを手がけた作品でもあります。

投票コメント

とあるサイトで引用されていた数行の文章。それを読んだだけで私はもう惚れてしまった。 伊東四郎氏なら、慎み深くこう表現するだろう。 「うん、これワタシの好きな味!」 これが手に入らないなんて、なんかの冗談だろう。 (2008/01/09)

1

これほどとっつきにくい小説/作家が 絶版にもかかわらず 未だにコアな読者に支持され続け 更には新たなファンをも獲得していくーそれはこんな時代/国にあっては ちょっとしたポエティック・ジャスティスと言えよう。私もそんな正義の実現のために 一票。 (2007/12/10)

1

ミクシィのジャック・ウォマックのコミュで初めてウォマックの名前を知りました。 コミュの管理人の方からウォマックのファンサイトを教えていただき、そのサイト上で知ったウォマックの作品世界に惹かれました。 現在は絶版されていることを大変残念に思い投票したいと思います。 (2006/03/23)

1

ウォマックの「ヒーザーン」を友人に勧められて読みました。書店になかったので図書館で借りたのですが、復刊さればと思います。また、「テラプレーン」は図書館にもなく、現在入手できない状態ですので、ぜひ復刊してほしいです。 (2006/03/23)

1

「ヒーザーン」"Ambients"など、そのクロニクル的世界観、不思議な言語感覚(もちろん翻訳者である黒沢尚氏の貢献は非常に大きい)、など魅了するものを多く有するにもかかわらず、昨今の出版事情によりAmazonでさえ入手不可能なのは残念である。 コアなファンもおり、新たに復刊されることにより、つまらぬ本しか知らない人に慧眼をもたらすこと必死である。 (2006/02/01)

1

もっと見る

新着投票コメント

『ヒーザーン』『テラプレーン』は勿論未訳の第1作『アンビエント』を何としても翻訳して欲しいです。 バロウズの『裸のランチ』ソローキン『青い脂』に並ぶ言語実験前衛小説の極北です。 (2018/02/03)

1

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2003/07/24
『「ヒーザーン」「テラプレーン」』(ジャック・ウォマック(Jack Womack))の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る