1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『死よりも悪い運命(カートヴォネガット)』 投票ページ

死よりも悪い運命

  • 著者:カートヴォネガット
  • 出版社:早川書房
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2003/05/24
  • ISBNコード:9784152078087
  • 復刊リクエスト番号:16719

得票数
35票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

カート・ヴォネガットの小説を読んでいてつくづく思うのは、彼の知識の深さと間口の広さです。科学・文学・哲学などなどさまざまな分野の専門知識に裏打ちされた言葉が文章の中に巧みにちりばめられていて、小説に更に輝きを与えているような気がします。そんなヴォネガットの頭の中をちらりと垣間見られるところが、エッセイのいいところです。『死よりも悪い運命( 原題は Fates worse than death )』。こんなタイトルつけられるなんて、センスあるなあヴォネガット。

投票コメント

ヴォネガット、中毒性の強い作家では? 中には物足りない作品もありますが(私的にです。すいません‥‥)すべての本が手に入るようになると楽しいな、と。コツコツ集めていますが、高価なものもありなかなか大変なので、復刊を希望します。 (2007/05/12)

1

視野が広がる、思考が深くなる、表現が巧みになる・・・etc 急激に頭が良くなったような気がしてしまう、頭の回転にものすごく作用 する何かすごい力を持っている一冊だと思います。 この作家さんの小説や他のエッセイも色々読みましたが、この作品が 私のベストです!! 是非手元に置き、何度も読み返したいので、復刊を宜しくお願い致します。 (2007/01/15)

1

出版社は企業である以上、ある程度営利を追及する権利と義務があります。しかしそれだけでいいわけがありません。CSRという言葉を聞いたことがありますか?出版社が社会の中で担うべき役割は、何と言っても文化の創造と継承でしょう。採算が合わないからといって簡単に本を絶版にしていいわけではない。どうぞよろしくお願いします。 (2004/01/25)

1

是非とも手に入れてうちの本棚に並べたいのです。というのも、そもそも私は結婚後に夫の蔵書の中でカート・ヴォネガットと出会ったのですが、悲しいことに夫はヴォネガットの小説しか持っていないので、その全てを読破してしまった私としては、彼のエッセイを手に入れることを渇望しているのです。奇妙で新しくて楽しくてせつなくなるような小説を数々生み出しているカート・ヴォネガットの頭の中が一体どうなっているのかのぞいてみたい、と思っている読者は大勢いると思います。エッセイや対談はその一端を垣間見ることの出来る数少ない機会です。本来なら他にも絶版になっているカート・ヴォネガットの作品とあわせて一気に復刊していただければとてもうれしいのですが、まずはこのエッセイが再び書店に並ぶことを期待したいと思います。紛争やテロが頻繁に起こってしまっている現在こそ、再びカート・ヴォネガットが読まれるべきだと思います。彼の優しくてユーモアに満ちた世界に浸れば、人はもっと優しくなれるような気がします。どうか復刊して下さい。お願いします。 (2003/05/24)

1

著者の本当にいいたかったことが書いてあるような気がします。タイトルからして。 (2008/06/29)

0

もっと見る

新着投票コメント

ヴォネガット作品は全部そろえておきたい。 (2008/07/04)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2008/08/21
鬼才カートヴォネガットが説く、現代社会への痛烈なアンチテーゼ『死よりも悪い運命』 (37票)復刊決定!
2003/05/24
『死よりも悪い運命』(カートヴォネガット)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る