復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

6

投票する

また逢う日まで ピエールとリュース

また逢う日まで ピエールとリュース

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 6

リクエストに関連する復刊/関連商品をみる

著者 ロマン・ロラン
出版社 明治図書出版
ジャンル 文芸書
ISBNコード 9784186547061
登録日 2003/03/26
リクエストNo. 15453

リクエスト内容

ロマン・ロランの名作。第一次大戦下のフランスの若者の純愛小説であると同時に反戦小説でもある。いまイラク戦争が行われているが、戦争というものがどれだけ多くの人生を断ち切るのか、その愚かさと悲しさを、か弱いひな鳥のような貧しい若者たちの恋愛を通じて静かに訴えている。日本では翻案されて映画やテレビドラマにもかってなったことがある。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全6件

  • 「ピエールとリュース」は大佛次郎さんによって初めて翻訳されたのです。大佛次郎さんはロマン・ロランの作品の中で「ピエールとリュース」と「クルランボオ」の反戦をテーマにした2作品を翻訳しています。「ピエールとリュース」の版権は尾崎喜八さんから譲ってもらったそうですが、その事とお二人のベルリオーズに関する素晴らしいエピソードが尾崎喜八さんの「わが音楽の風光」(六興出版)に記されています。この本の中には「べートーヴェンの生涯」という文章と「ロマン・ロランの声」というロマン・ロランの肉声の入った彼の作品の朗読のレコードについての文章も収録されています。興味のある方お読みになってみてはいかがでしょう。大佛次郎さんは今年没後30周年ということもあり、大佛次郎研究会が発足しました。ロマン・ロランも大佛次郎も見直される時がきたのかもしれません。 (2003/12/21)
    GOOD!1
  • すき (2005/11/25)
    GOOD!0
  • 以前、読んで印象に残っていました。ぜひもう一度読みたいです。 (2005/04/17)
    GOOD!0
  • ロマン・ロランの作品で反戦をテーマにしたものは『魅せられたる魂』だけしかまだ読んでいません。これも読みます! (2003/12/20)
    GOOD!0
  • ロマンロランの作品なら、なんでもお願いします。 (2003/06/29)
    GOOD!0

もっと見る

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

タイトル 価格 サイト
ピエールとリュース 新装版 1,676円 アマゾン
※こちらの商品は販売先の状況によって品切れになる可能性があります

NEWS

  • 2009/01/21
    『ピエールとリュース 新装版』販売開始しました!

  • 2003/03/26
    『また逢う日まで ピエールとリュース』(ロマン・ロラン)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!