1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 実用書
  4. 『乗峯栄一の賭け(乗峯栄一)』 投票ページ

乗峯栄一の賭け

  • 著者:乗峯栄一
  • 出版社:白夜書房
  • ジャンル:実用書
  • 復刊リクエスト開始日:2003/03/23
  • ISBNコード:9784893675101
  • 復刊リクエスト番号:15404

得票数
28票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

スポーツニッポン関西版で92年から現在でも連載されている競馬予想コラムを1冊の本にしたものです。この本は92年から96年頃までのコラムで構成されていると思います。その後のコラムは別の出版社からシリーズ化され5冊も出版されていますが(03年7月現在)、この本だけ絶版になっています。

☆03年7月11日にシリーズ最新作
「競馬発情天国 「乗峯栄一の賭け」仁川の虹篇」が出版されました。

投票コメント

当時あまり競馬には、興味ありませんでしたが、氏の軽妙洒脱な コラムに引かれ、スポニチを購読、以来嵌りました。 競馬読本というよりは、凡庸日本人的純文学のように思えます 笑いと涙と知的好奇心を刺激された”名作”の復活を多くの人々に 読んで貰い、私と同じように共感して頂きたく思います。 但し、分厚く大きいので文庫本で。 (2004/03/23)

1

b.y

b.y

出版社は東京なのに東京の書店に売っていなかったので直接出版 社に買いに行った想い出があります。欲しい人或は買わせたい人 も何人かおりました。全国区で書店に並ぶことを希望します。 競馬をやらない人間にも面白かったです。 (2004/02/26)

1

関西で乗峯栄一の名を知らないものはいないだろう。 しかし関東では「乗峯、誰?」という回答がほとんどではないか。 彼の予想は大きな一発もあれば、イチローの如き予想センスで 1000円スタートの複勝転がしを63万にした実績もある。 これを知るのは関西以西の一部の競馬ファンでしかない。 これを全国の競馬ファンに知らしめるためには氏の競馬処女作で ある「乗峯栄一の賭け」復刊が大きな原動力になるはず、である。 (2003/04/26)

1

北海道から京都へ移り住んで競馬新聞を物色していた。 WINS京都に向かう道すがらふと手にしたスポーツニッポン。 珍しい横組みの出走表と対峙していると片隅に小さなコラム。 コラムの予想を参考にしたことはなくても含蓄のある言葉の数々と筆者の温かい人柄が伝わってきて一気に嵌ってしまった。 この本の初版を所有している。復刊したとして購入するつもりは毛頭ない。ただあの厚みを体験して欲しい。こんなにも真っ正直な競馬コラムは他にない! (2003/04/24)

1

週末が来るたびに「乗峯栄一の本命なんやろ?」と胸ワクワクさせながらスポニチを買いに行く・・・10年以上続く僕の習慣。 そんなワクワク感をパブロフの犬のごとく再現させてくれるのがこの作品だ。 人物描写に優れた氏のコラムは「長編小説」的競馬コラムと言ってもいいぐらい登場人物がいきいきしている。そんな登場人物たちの初登場シーンをさかのぼりながら「あぁ~、歳をとったものだ」と振り返るもよし。競馬の歴史教科書として先祖代々伝えるもよし。楽しみ方いろいろで何度読んでも楽しいこと間違いなし! この不朽の名作が復刊されるのを願ってやみません。 (2003/03/28)

1

もっと見る

新着投票コメント

かくも滑稽で、かくもドラマチックで、かくも競馬への愛に溢れた、かくも競馬ファン以外にも楽しめる著作を私は知らない。 (2005/01/06)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2003/03/23
『乗峯栄一の賭け』(乗峯栄一)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

趣味・スポーツに関するQ&A

昭和58~59年のスポニチの官能小説について

この頃にあった官能小説のタイトルを教えてください。 宇能鴻一郎ではなかったかと思うのですが、はっきりとはわかりません。

TOPへ戻る