復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

復刊投票コメント一覧(人気順)

ヴェルヌ全集

投票コメント

全156件

  • ディズニー映画、海底二万マイルからジュール・ヴェルヌの作品を知ったのですが、現在市場でなかなか手に入らない作品が多く、興味があっても手を出せないような状態です。
    SFの父の作品を多くの方に知っていただきたい、私も読んでみたいという気持ちで復刊を希望させていただきます。 (2021/03/05)
    GOOD!1
  • ヴェルヌは生涯において80編余りの物語を書いているにも関わらず、日本語で読むことができるのはほんの一部である。その一部も既に新書として発売されていないものが多く中古で(場合によってはプレミアム価格で)手に入れるしかない。空想科学小説の父とも言われるヴェルヌの作品を、永久保存版として綺麗な状態で所持したいと思うため復刊を希望する。 (2017/06/29)
    GOOD!1
  • SFファンになったきっかけは、小学生の時にジュール・ヴェルヌの『地底探検』を読んだことだったと思います。地底への入口を探すミステリー小説のような面白さや、次から次へとリデンブロック教授たち一行に降りかかる災難など、まさに息をもつかせぬ展開の連続で、読書の面白さを教えてくれた作品でした。最近また映画化されるというように、息の長い作品です。
    そのヴェルヌの作品集ですから、これはもう手に入れるしかない!、という感じです。復刊を強く希望します。 (2008/10/23)
    GOOD!1
  • 近年、本全集の後継と思しき「集英社文庫ジュール・ヴェルヌ・コレクション」が刊行されたが、それは全集を半分程度しかカバーしていない(しかも、挿絵は無しだった)。そのため現在では「黒いダイヤモンド」など数作が入手不可能となっている。よって完全な形での復刊を希望する。 (2006/07/06)
    GOOD!1
  • 「十五少年漂流記」のタイトルではなく完訳・原題の「二年間の休暇」が、今でも最高のヴェルヌの作品です。多作なうえ、出版されても、すぐに絶版になる作品が多く、まとめて読むチャンスがあればと思い、復刊をお願いいたします。 (2005/10/03)
    GOOD!1
  • 先日、初めて「地底旅行」を読み、その面白さにグイグイと引き込まれました。
    他の著作も欲しいと思ったのですが、どうせならば、
    やはり、まとまった状態で欲しいと思いました。子供に残すにもイイかな、と...。 (2004/12/10)
    GOOD!1
  • SFが大好きで、今現在アメリカでCGの勉強をしています。
    残念ながら今までSFの父とも言われるジュールベルヌの作品をあまり読んだことがありません。
    ハリウッドのマンネリ化したSFに飽き飽きしている今、ジュールベルヌの作品をどうして読んでみたいと考えています。 (2004/07/08)
    GOOD!1
  • 小学生のころ、十五少年漂流記をはじめて読んでみて感動し、中学生のころ、さらに80日間世界一周や、地底探検、海底2万海里などで、夢のある世界につれていってもらいました。
    現代では、ベルヌの描いた世界が現実になっているのもあり、
    本当にすばらしい作家とおもいます。中年になった今はビデオでベルヌ作をみたりもしていますが、やはり、ベルヌの世界は本が一番です。ぜひ、ベルヌ全集を復刊してください。 (2004/02/06)
    GOOD!1
  • ジュール・ヴェルヌは、少年時代の希望の星です。
    (1)「海底二万リーグ」、(2)「地底旅行」、(3)「八十日間世界一周」、(4)「十五少年漂流記」、(5)「月世界旅行」、(6)「気球に乗って五週間」、(7)「アドリア海の復讐」、(8)「神秘の島」、(9)「グラント船長の子供たち」、(10)「必死の逃亡者」、(11)「チャンセラー号の筏」、(12)「サハラ砂漠の秘密」、(13)「インド王妃の遺産」、(14)「世界の支配者」、(15)「征服者ロビュール」、(16)「動く人工島」、(17)「悪魔の発明」、(18)「オクス博士の幻想」、(19)「ミステリアス・アイランド」、(20)「氷のスフィンクス」、(21)「カルパチアの城」などなど、ひとたび読み始めたら止められない傑作SF & 海洋冒険 & 秘境冒険小説の数々を復刊できたら、とても素晴らしいと思います。
    ぜひ復刊にご協力をお願いします。 (2003/12/02)
    GOOD!1
  • フランス語からの完訳と言う事も、うれしく思いましたし、ドキドキしながら徹夜で読んだこともありました。カバーも風景写真の印刷、原書を模写した挿絵、どれをとってもすばらしい全集でした。残念なのは、当時私が子供で、本を手に入れられなかった事です。
    本が好きな子供たちに「お母さんはどんな本が好きだったの」と聞かれ
    「ジュール・ヴェルヌの本が一番好きだった」と教えしました。ヴェルヌが亡くなってもうすぐ100年になろうとしています。ヴェルヌの本は
    古本屋にもありませんでした。すばらしい本なので是非子供たちにも読ませてあげたいと思います。そして私自身も読んでみたいと思います。
    今度は自分の本として・・・ (2003/11/27)
    GOOD!1
  • 友達も少なくいつも寂しくしていた子供の頃、この本だけが私の楽しみでした。一番好きな本でした。古本屋で探しても見つけることが出来ませんでした。親になった今、本が大好きな子供たちに「お母さんはどんな本が好きだったの」と聞かれ、「ジュール・ヴェルヌ」の名前がすぐに出たのです。自分でも驚きでした。当時生活していくだけで精一杯だった両親に、本がほしいとは言えませんでした。本からの感動は今も心の中に残っています。
    ジュール・ヴェルヌが亡くなってもうすぐ100年になろうとしています。
    1967-1969年の集英社のジュール・ヴェルヌ全集は、どうしても手に入れたい一冊でした。
    子供にも読ませてあげたいと思いますし、私自身も読んでみたいと思います。今度は、自分の本として・・・ (2003/11/26)
    GOOD!1
  • 月世界「旅行」はいくらでも市場にあります。が「探検」はその
    直接の続編なのにどこにもありません。今日「旅行」を読み終
    わったのですが、続きが気になって困まっています。何とかして

    しい
    です。それにメジャーな作品以外はもうあまり市場にないのでで
    きれば全集という体裁で復刻していただきたいです。 (2003/11/19)
    GOOD!1
  • 小学校の図書室にあったのを思い出します。
    代表作は昔、旺文社文庫版などで読みましたが、他の作品も含めて、もっと網羅的に読みたいと思っています。
    この全集の他に、この全集に入っていない多くの作品を含むシリーズもあったかと思いますが、、、。 (2003/10/05)
    GOOD!1
  • いちファンとして、『ヴェルヌ全集』が復刊してくだされば、現在絶版となっている殆どの作品(入手困難な作品もある)を読むことが出来るので。
    また、個人的にもジュール・ヴェルヌを研究対象にしており、卒業論文を書きたいと思っているので、是非とも翻訳本を手に入れたい。
    フランス語の原文を読むのが一番だが、未だ原文を読めるだけのフランス語の語学力ないので、出版していただけると嬉しい。又、自分ばかりでなく、同じようにフランス語が読めなくてもヴェルヌを研究したいと思っている他の学生さんの為にも、是非出版していただきたい。 (2003/02/01)
    GOOD!1
  • ジュール・ベルヌの作品は高校生の時にはまりました、冒険に非常にあこがれていたのだとおもいます。集英社で出されたジュールベルヌ集みたいな、文庫版はそろえて読みましたが、ジュール・ベルヌの作品を久々に読みたくなりました。その頃の本は手放してしまっていますし、まだ、読んでない作品も多数あり、ぜひ読みたいので、復刊を希望します。 (2002/12/31)
    GOOD!1
  • とあることから、ベルヌの作品に興味を持ち始めたのですが、本屋に行ってベルヌの本を探してもなかなか見つかりません。
    ましてやこういった全集などは、見当たりもしないのです。だからこそ、ヴェルヌ全集を復刊して欲しいと思います。 (2002/10/20)
    GOOD!1
  • 集英社の『ジューヌ・ベルヌ・コレクション』を読み、ヴェルヌのファンになりました。集英社には、『ヴェルヌ全集』の復刊といかなくても、せめて『ジュール・ヴェルヌ・コレクション』を続けていってほしいものです。 (2002/08/03)
    GOOD!1
  • ヴェルヌのセンス・オブ・ワンダーな世界がたまらなく好きで、子供のころから色々と読みました。全集も図書館でひと通りは読んだのですが、抜けている巻があったのと、気に入った本は手元に置いておきたいのとで復刊を希望します。あと、復刊してくださるときには、何十年でも楽しめるようなきちんとした造りの本にしていただきたいです。 (2002/05/02)
    GOOD!1
  • マイケル・クライトンの小説でスピルバーグの映画『ジェラシック・パーク』を見ていたら、昔読破したヴェルヌ全集のイメージが重なり、無性にヴェルヌに浸りたくなりました。映画『インディ・ジョーンズ』にも共通するものを感じました。 (2002/04/13)
    GOOD!1
  • 父親が全集を持っていたため、子供の頃からちゃんとした翻訳でヴェルヌ作品に親しむことができました。本を読むことがこんなに楽しいことだと知ったのもこの全集のおかげです。当時の全集に入っていた作品はもちろんのこと未訳の作品もぜひ出版していただきたいです。 (2001/04/14)
    GOOD!1

T-POINT 貯まる!使える!