復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

復刊投票コメント一覧(人気順)

世界終末戦争

投票コメント

全141件

  • 読者にも責任はあると思うが、日本の出版界は翻訳物に冷たい。マルケス、グラス、リョサなどノーベル賞作家の作品を含め、一度出版しておきながら絶版・品切れになっている秀作が実に多い。『世界終末戦争』も古書は実にばかばかしい値段になっているのでぜひとも復刊を望みたい。 (2010/11/29)
    GOOD!1
  • おい! こんな名作を絶版にしておいて、、、
    泣くぞ、おりゃあ。古書で10000円も出させやがって。。。。

    ということで新装版への希望

    その①・・・文字を大きくする
    その②・・・分冊にする
    その③・・・うつくしい装丁

    宜しくね^^ 前の版は8ポ二段で700ページという脅威だったから。 (2010/09/05)
    GOOD!1
  • 20世紀後半の世界文学において、ラテンアメリカ文学の諸作は非常に重要な位置を占めていたといえる。その中でも、バルガス=リョサは古典と前衛双方への目配りを怠らない、読んで面白い小説を書ける作家として、欠かすことはできない。にもかかわらず、『世界終末戦争』『ラ・カテドラルでの対話』『都会と犬ども』『密林の語り部』など多くの秀作が絶版の憂き目にあっている。特に、『世界終末戦争』は作者の力量がもっとも充実していた時期の最高傑作で、悠々たる文体に宿る官能性には目を瞠らせるものがあった。復刊が待望されてやまない。 (2010/05/01)
    GOOD!1
  • マルケスだけでは片手落ち。カルペンティエール、リョサの諸作品をどうして復活させないのか。また既に100票を超えているのに復刊活動が未着手というのは納得いかない!看板に偽りありだぞ「復刊ドットコム」よ! (2008/06/06)
    GOOD!1
  • 20世紀最高作とも言われる名著がなかなか読めない状況にあることは知的好奇心を削ぐばかりでなく日本の文学にとっても不幸なことである。マルケス、コルタサルなどのラテン文学群のなかにあって異彩を放つリョサの作品を是非復刊して戴きたい。なかでも「世界終末戦争」は一押しの作品である。
    2010年真夏「緑の家」岩波文庫から復刊される。岩波書店はぜひ「世界終末戦争」も復刊してほしい!(5冊くらいになりそう笑) (2007/02/16)
    GOOD!1
  • 私も筒井康隆の日記で知りました。猛烈に読みたいです。ガルシア=マルケスの『百年の孤独』は新装版まで出て売れているのだから、同様にビックな(しかもずっと長い)この作品も復刊してほしいです。単行本でも文庫(分冊)でもなんでもかまいません。濃密な小説を、人物表を作りながら読みたいのです。 (2004/12/04)
    GOOD!1
  • 図書館で借りて読んだことはあるが、是非とも手元に置いておきたい一冊。また人に薦めようにも、絶版のものを薦められない。

    かつては古本を探したこともある。しかし、特にこの本は状態の悪いものに不合理な高値がつけられていることが多い。ネットの発達により、誰でも古書を売買できるようになったのはいいことだが、反面、発行部数の少ない良書が利殖(素人による純粋な転売)の対象とされがちで、一般的な読書家の手に渡り難くなっている。そんな悲しい現状を打開するためにも、少量でいいから流通させ続けて欲しい。 (2004/11/08)
    GOOD!1
  • なぜこの本が絶版になっているのか信じられません。
    学生時代お金がなくて図書館で借りて読んだことが今になって
    悔やまれます。
    できれば、新書か文庫で復刊していただいて一人でも多くの
    方の手に届くようにしていただければと思います。 (2004/05/14)
    GOOD!1
  • その分厚さにたじろぎ、買うのをひかえていたら、いつのまにか本屋さんから消え、古書店でも見かけることがなくなりました。
    ラテンアメリカ文学が最も元気だったころの一冊。今度はぜひ手元において読んでみたく、一票。 (2003/04/12)
    GOOD!1
  • 枕よりも分厚いのにどんどん頭に入ってくる。本当に上手い人が本
    当に惹き付けられるものを書いている作品。実際の事件が元になっ
    ているそうですが、生きた人間とその時代を感じられます。
    リョサのリアリズムのなかのユーモアが好きです (2002/07/28)
    GOOD!1
  • 純粋に面白い。リョサやガルシア=マルケスは文庫での流通が少なすぎる。フォークナーの系統から突然変異したリョサの作品は文学愛好家にとって通らねばならない道だ。「都会と犬ども」と併せてぜひ復刊を。古本で探したら二万円の値がついていた。探してる人案外多いんじゃないの。 (2002/03/27)
    GOOD!1
  • 最初リョサを読み始めましたが、この本は古書でも高額でしたので復刊を望みます。 (2017/10/15)
    GOOD!0
  • 面白そう、読みたい。 (2014/11/04)
    GOOD!0
  • ノーベル賞を取るくらいの文豪に対して、日本人は興味が無さ過ぎる。世界にも興味が無さ過ぎる。もっと海外文学も盛り上がって欲しい。 (2011/03/02)
    GOOD!0
  • 読みたい。 (2010/11/30)
    GOOD!0
  • 支援投票 (2010/11/29)
    GOOD!0
  • 古書があまりにも高すぎるから・・・。 (2010/11/21)
    GOOD!0
  • 読んでみたい (2010/11/15)
    GOOD!0
  • 外国文学の充実をお願いしたい。 (2010/10/24)
    GOOD!0
  • 唯一読んでないリョサだから (2010/10/21)
    GOOD!0

T-POINT 貯まる!使える!