復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

瀬戸の住人さんの公開ページ 復刊投票コメント一覧

復刊リクエスト投票

  • ある通商国家の興亡

    【著者】森本哲郎

    昔、図書館で読んだ事があり、カルタゴの興亡を分かり易く書いた内容に感心した記憶があります。
    是非、文庫本でも良いので復刊出来れば、カルタゴとローマの戦いに興味を持つ人が増えると思います。(2020/09/01)
  • 機甲戦

    【著者】J・フラー

    この本、邦訳されていないと思っておりましたが陸自で邦訳されていたと、こちらの解説を読んで初めて知りました。
    そう言う事であれば、是非手に取って読みたいと思います。(2020/05/09)
  • 歴史群像『太平洋戦史シリーズ』

    本シリーズの発刊によって、太平洋戦争時の日本陸海軍の兵器に関する情報の密度が確実に上がったと言って良い程、資料性の高い書籍集です。
    このシリーズの解説陣の中には、現在軍事雑誌で健筆を振るっている方も多くいらっしゃいますが、その中には、何とアニメ映画「この世界の片隅に」で知られる片渕須直監督の姿も。監督は主に、日本陸海軍機の塗装に関する解説を担当しておられます。
    只、版元は近年、軍事関係の書籍は出さない方針になっている様なので、復刊困難であれば他社での復刊も検討すべきだと思います。
    それ程の内容の書籍集です。(2020/01/21)
  • ヴァリアブルファイター・マスターファイル VF-1バルキリー 宇宙の翼 (マスターファイルシリーズ)

    【著者】GA Graphic

    以前から購入しようと思っていたのですが、予算が捻出できない内に品切れ絶版になってしまいました。
    どうか、皆様のお力を借りたいと思います。
    どうしてもスーパーバルキリーやゲーム由来のVF-1X関連の資料を手元に置きたいのです。(2019/04/27)
  • タイフーン作戦

    【著者】小林原文

    小林先生が「歴史群像」に連載していたシリーズの第2弾です(第1弾はバルバロッサ作戦)。
    実は近年、先生が同人誌で本書を復刊した事はあるのですが、どうも内容に一部問題があるらしく(制作に当たり、親ナチである事が近年になってバレた、パウル・カレルの著作を主に参照している模様)、市販の障害になっている可能性があるのですが、あくまでエンターテイメントの劇画として復刊して欲しい所です。(2019/01/28)
  • 世界の傑作機 No.16 陸軍2式単座戦闘機 鍾馗

    【著者】文林堂

    本書を読んだ事は無いのですが、このシリーズは多数所持しているので、二式単戦「鐘馗」を復刊して欲しい人はかなりいるのではないでしょうか。
    特に、2018年から本シリーズで品切れ絶版になった幾つかの巻が「アンコール版」として事実上復刊していますし、同年夏には本シリーズのスペシャルエディションとして、兄貴分に当たる二式複戦「屠龍」が事実上の復刊を果たしていますから、皆さんも復刊希望を出した方が良いと思いますよ。(2018/10/04)
  • 急降下爆撃

    【著者】ハンス・ウルリッヒ・ルデル 著 / 高木真太郎 訳

    近年、漫画の主人公になる等、また注目度が増している「アンサイクロペディアに嘘を書かせなかった男」の自伝。
    大戦中の急降下爆撃機乗りとしての活躍もそうですが、その生涯自体が嘘のような経歴なので、ぜひ新刊で読んでみたいです。(2018/07/10)
  • 米陸軍戦闘マニュアル全2巻

    【著者】柘植久慶監修、高井三郎編訳

    80年代の米陸軍機械化歩兵部隊(主にM113装甲車またはM2戦闘兵車に乗車する歩兵)用のマニュアルを邦訳化した物です。
    冷戦時代の物なので、正直古い資料ですが、機械化歩兵部隊の戦い方の基本を知るには充分役立つと思います。
    学生時代、図書館で2巻とも貪る様に読んでいたので、ぜひ新刊で手に入れてみたいと思っています。(2018/05/08)
  • 音楽への憎しみ

    【著者】パスカル・キニャール 著 / 高橋啓 訳

    この本は、当サイトの企画≪書物復権2018≫で初めて知りましたが、音楽を「憎しみ」と言う視点から語る著者の姿勢が興味深い。
    更に聖書やナチス、現代音楽が絡んでくると言う点にも注目しています。
    これはぜひ読んでおきたいですね。(2018/01/18)
  • PANZER臨時増刊 2011年6月号 ケッテンクラート解体新書

    【著者】小林雅彦

    雑誌の増刊号ですが、WW2のドイツ軍ソフトスキン車両の中でも人気が高いケッテンクラートを徹底的に取り上げた名著です。

    最近になって、某戦車道アニメの公式キットとして同車が発売されたり、2017年秋にアニメ化された某終末旅行マンガでは主人公と共に旅をする車として登場する等、最近アニメ・漫画で登場する機会の増えたケッテンクラートの、日本語では唯一読める解説書を是非復刊して欲しいと思います。(2017/10/03)
  • ガサラキ戦略装甲兵器解説読本 上・下

    【著者】ニュータイプ 編

    本書は、2017年春に復刊された『青の騎士ベルセルガ物語』の原作である『装甲騎兵ボトムズ』の原作・監督の高橋良輔氏が監督を務めた作品のフィルムブックです。
    本作は1998年の放送開始なので、2018年には20周年を迎えます。
    地味な作品ですが、当時としては色々と興味深いストーリーと設定だったので好きでした。
    出来れば、後半のストーリーも解説した下巻も一緒に復刊して欲しいです。(2017/07/05)
  • 大日本帝国欧州電撃作戦(全9巻)

    【著者】林譲治/高貫布士

    購入した訳では無いのですが、古書店でよく立ち読みしていました。
    著者の林氏は、別の著書で「分析力に問題あり」と言う部分がある人ですが、本書は共著ですので、序盤の日米戦の強引な幕引きを除けばよく出来ていると思います。
    但し、日本陸軍が米軍の装備で再編成されていると言う描写がある時点で賛否両論が出そうな気はしますが。

    作品は一応完結しているので、お勧めできます。(2017/03/31)
  • 日本空母戦史

    【著者】木俣滋郎

    図書館で数回読んだ事がありますが、日本空母の作戦行動を太平洋戦争だけではなく、それ以前の日華事変から克明に記録している、稀有の一冊です。
    もちろん、刊行から随分経っていますので、今日では加筆訂正の必要があると思いますが、戦艦・軽巡などの他のシリーズと共に、復刻する意義は充分あると思います。
    完全版として復刻したら手元に置きたいですね。(2017/01/13)
  • ミグ-25ソ連脱出 ベレンコは、なぜ祖国を見捨てたか

    【著者】ジョン・バロン 著 / 高橋正 訳

    先日TVで本書を原作にした作品が放送された事で興味があります。
    ベレンコ当人が現在所在不明と言う事もあって復刊できないらしいのですが、米国亡命後の話もあるそうなので、このまま埋もれさせるべきではないと思います。(2016/10/09)
  • ガルパン・ファンブック 月刊戦車道 増刊号 第1~6号

    【著者】バンダイビジュアル

    バンダイビジュアルの公式HPでのみ販売されていた、アニメに登場する架空の雑誌を「作って見た」シリーズです。
    元々は「原則受注限定」の雑誌だった為(後に在庫を分冊で販売したが)、出版元では再販しないでしょうが…一部で高額プレミアが付いている現状は不健全と言わざるを得ません。
    ですから、復刊の必要があると思います。
    なお、本シリーズには全2号の「特別号」が存在しますが、これも受注販売のみで既に絶版です。自分はこの2冊は持っていますが、かなりディープな内容ですよ。(2016/07/05)
  • 戦場ロマンシリーズ

    【著者】新谷かおる

    松本零士さんの「戦場まんがシリーズ」と並ぶ、ミリタリー漫画の傑作だと思います。
    出来れば愛蔵版で出てくれたら良いのですが。(2016/04/06)
  • 砂漠の戦車戦―第4次中東戦争

    【著者】アブラハム・アダン

    実は著者は、この戦争でイスラエル陸軍の機甲師団を率いた当事者の将軍です。
    この様な立場の人が自身の経験を出版するのは割と珍しいので、復刊して欲しいですね。(2016/01/08)
  • 第2次世界大戦全戦線ガイド

    【著者】青木茂

    昔、図書館で読んだ記憶がありますが、本書の様にWW2の戦況に関して一冊にまとめた本はそうないと思います。
    その分、各戦線の記述内容は薄めですが、全体を把握するには適した内容なので、復刊して頂けるとうれしいですね。(2015/10/08)
  • 駆逐艦 その技術的回顧

    【著者】堀 元美

    高校時代、県立図書館で繰り返し読んでいました。
    日本海軍の駆逐艦に関する歴史を、草創期の駆逐艦の発展史も交えて解説しており、今見ると若干疑問に感じる所もありますが、元造船官が書いた書籍としてはよく出来ていると思いますので、復刊できれば幸いです。

    ちなみに、本書の著者は同じ版元から「潜水艦」と言う本も出しています。(2015/07/02)
  • 飛行機設計50年の回想

    【著者】土井武夫

    以前、県立図書館で読んだ事があり、著者が設計に関わった航空機に関する解説が丁寧だったのが記憶に残っています。
    また、ドイツの「珍機」設計者として知られ、著者の師匠格でもあったフォークト博士に関しても詳しく解説しているので、ぜひ復刊して欲しいです。(2015/03/03)

T-POINT 貯まる!使える!