復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

5,500円以上で送料無料
4,950円(税込)

ブラック・ジャック ミッシング・ピーシズ

手塚治虫

4,950円(税込)

(本体価格 4,500 円 + 消費税10%)

配送時期:3~6日後

Tポイント:45ポイント

この商品は現在販売中です

数量: 在庫数:37 個

ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます

お気に入りに追加

著者 手塚治虫
出版社 立東舎
判型 B5
頁数 384 頁
ジャンル コミック・漫画

商品内容

幻の雑誌掲載オリジナル版を中心に単行本初収録の素材を多数掲載
知られざるブラック・ジャックの姿を堪能できる一冊!


1973年から1983年にかけて「週刊少年チャンピオン」に連載された『ブラック・ジャック』の中には、単行本化の際に手塚治虫自身の手によって再構成や加筆が施された作品が存在します。
本書では、特に大きな改変が見られるエピソードを中心に、オリジナル版と単行本版を比較して読めるような形で掲載。中でも「ストラディバリウス」と「緑柱石」はそれぞれの全ページを収録するほか、オープニングやエンディングの違いや、ネームとの比較を堪能できる作品を併録することで、手塚治虫の編集術を詳らかにします。見慣れた作品のオリジナル版を読めるだけでなく、これであまり見られなかった貴重なピースを目の当たりにすることで、手塚治虫のクリエイティビティの一端に触れることができる作品集です。
『ブラック・ジャック』50周年だからこそ実現した贅沢な一冊を、ぜひ手にとってみてください。

▼目次
◇第1話「医者はどこだ!」原画
◇第55話「ストラディバリウス」雑誌版+単行本版
◇第67話「緑柱石(その1)」/第67話「緑柱石(その2)」(雑誌版)+「ふたりのピノコ」単行本版(「ふたりのピノコ」は「緑柱石」を大幅に再編集したエピソード)。
◇第101話「侵略者」雑誌版+未使用原稿
◇第104話「ピノコ西へいく」雑誌版+単行本版(差分)
◇第143話「空からきた子ども」雑誌版+単行本版(差分)
◇第145話「霊のいる風景」雑誌版+単行本版(差分)
◇第227話「刻印」雑誌版+単行本版(差分)
◇第232話「虚像」雑誌版+制作途中原稿(コピー)
◇最終話「人生という名のSL」単行本版+雑誌版(差分)+下描き原稿
◇雑誌版と単行本版の比較(「灰とダイヤモンド」「悲鳴」「ふたりの修二」「キモダメシ」)
◇「ブラック・ジャック アーカイブス」予告、週刊チャンピオン表紙原画、未使用原稿、アニメ『100万地球の旅 年バンダーブック』設定資料など
◇解題(濱田髙志)

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

全4件

  • ブラック・ジャック ミッシング・ピーシズ

    手塚治虫は、単行本出版時に(追加を含めた)書き直しをするので有名だが、締め切りに追われてとりあえず仕上げた作品の完成度を高めたいという、芸術家としての執念が感じられる所作であり、修正の前後を確かめたいというのも、熱烈なファン心理であり、それを満たそうとしてくれる復刊ドットコムに感謝❗ (2023/12/05)

    GOOD!1
  • 改めての天才

    私のようなマニアックなファンにとっては、買わずにはいられない逸品。手塚作品のファンでも、「それがどーした」といってしまうような、ささいなページやコマの違いなので、喜んでいるのは自分だけなのかもしれない。没後すでに34年というのに、晩年の代表作となった「ブラック・ジャック」は、AI新作が出来たり、復刻本が出版されたりと、消え去るどころか、評価は高まる一方だ。日本に、これだけ広く高く評価され続けている作家がいるだろうか。国民栄誉賞は存命じゃないので無理だとしても、日本の宝であり、今も、この人気の天才を、もっと大事にすべきではないだろうか。 (2023/12/03)

    GOOD!1
  • ホント手塚センセってば(((^^;)

    あれだけ色々な作品を描いているのに、一旦納品した作品を、機会あるごとに修正していたなんて、偉大過ぎですm(_ _)m (2023/12/03)

    GOOD!0
  • これもいいが

    ブラックジャック大全集の再販もお願いします。 (2023/10/13)

    GOOD!19
  • レビュー投稿はこちら

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!