復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

中心のある家 建築家・阿部勤自邸の50年

阿部勤

4,400円(税込)

(本体価格 4,000 円 + 消費税10%)

amazon.co.jpにてお買い求めください

amazon.co.jpへ

※在庫・発送日は遷移先のサイトでご確認ください。
※当ページ表示の価格とは異なる場合があります。
※Tポイントや特典等は対象外となりますのでご注意ください。

お気に入りに追加

著者 阿部勤
出版社 学芸出版社
判型 A4変
頁数 140 頁
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784761540982

商品内容

1974年に竣工し50年目を迎える今も、「毎日発見がある」という〈中心のある家〉。
建築家自身が住まい、竣工時の原型を活かしながら空間をつくり、手入れし続けてきた。図面・スケッチ150点、記録写真100点、撮り下ろし写真33点とその他関連資料で辿る、日々繰り返される小さな改良や成長する庭とまちの関係、古びない家の軌跡。

▼目次
巻頭カラー 藤塚光政
アベキン邸の一日 藤塚光政
巻頭対談 阿部勤×塚本由晴
[1] 着想
--住まいの原風景1938-1974
--家を建てる 最初の設計案
--内と外の組み合わせ タイでの暮らしと経験
--中心の発見と二重の囲い 最終の設計案
[2] 空間構成
--まちの原風景
--十字路と4つの庭 配置計画と平面計画
--付録(平面原図)
--低い立ち姿 断面計画
--方形屋根と連続窓 エレベーション
--私の家の顔 外構・ファサード
--垂れ壁とベンチで囲う 玄関・アプローチ
--小階段と高窓 玄関ホール
--多視点の抜け 玄関ホール
--吹抜けとモノリス 1階側廊
--“空っぽ”な中心 階 中心の空間
--二重の囲い 1階 中心の空間
--外的な内・内的な外 ヌック・テラス
--立体ワンルーム ダイニング・キッチン・コージーコーナー
--機能的な動線 キッチン・パントリー
--変化に富んだ居場所 2階 階段・踊り場
--混構造の窓辺 2階連続窓の空間
--鳥の巣のような安心感 連続窓の空間
--770mmの高さがつくる「奥」性 2階 中心の空間
--二重の囲いから飛び出すサービス空間 2階 水廻り
--column 150mm厚シングル配筋の壁 構造と施工
[3] 暮らしの空間と時間
--1980 一家団らんの居心地
--1995 多目的な一人暮らし
--ものとの時間 住まい手らしい佇まい
--2000 変化を楽しむ 掲載誌1975-2022
--2010 人とものの集う家 思い思いにくつろげる場所
--つくりながら食べる、話す ペニンシュラキッチン
--集う時間 共に食べるという関係性
--column いくつもの、中心のある家
--成長しつづける時間 自律的な緑、自律的な住まい
--2030 これからの住みこなし

もっと見る

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!