復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

5,500円以上で送料無料
2,200円(税込)

笙野頼子発禁小説集

笙野頼子

2,200円(税込)

(本体価格 2,000 円 + 消費税10%)

配送時期:3~6日後

Tポイント:20ポイント

この商品は現在販売中です

数量: 在庫数:在庫僅少

ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます

お気に入りに追加

著者 笙野頼子
出版社 鳥影社
判型 四六判
頁数 342 頁
ジャンル 文芸書
ISBNコード 9784862659620

商品内容

発禁作家になった。
「何も変な事も書いていない」
「自分が女である事を、医学、科学、唯物論、現実を守るために書いた」      
多くの校閲を経て現行法遵守の元で書かれた難病、貧乏、裁判、糾弾の身辺報告。

「群像」「季刊文科」に掲載された作品を中心に再構築。
書き下ろし作品「ハイパーカレンダー1984」のほか、著者自身による自作解説なども随所に盛り込む。

▼目次
前書き 発禁作家になった理由?
女性文学は発禁文学なのか?
九月の白い薔薇 -ヘイトカウンター
返信を、待っていた
引きこもりてコロナ書く #StayHomeButNotSilent
難病貧乏裁判糾弾/プラチナを売る
質屋七回ワクチン二回
古酒老猫古時計老婆
ハイパーカレンダー1984

初出一覧

▼著者プロフィール
笙野頼子(しょうの よりこ)
1956年三重県生まれ。立命館大学法学部卒業。
81年「極楽」で群像新人文学賞受賞。91年『なにもしてない』で野間文芸新人賞、94年『二百回忌』で三島由紀夫賞、同年「タイムスリップ・コンビナート」で芥川龍之介賞、2001年『幽界森娘異聞』で泉鏡花文学賞、04年『水晶内制度』でセンス・オブ・ジェンダー大賞、05年『金毘羅』で伊藤整文学賞、14年『未闘病記-膠原病、「混合性結合組織病」の』で野間文芸賞をそれぞれ受賞。
著書に『ひょうすべの国-植民人喰い条約』『さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神』『ウラミズモ奴隷選挙』『会いに行って 静流藤娘紀行』『猫沼』など多数。11年から16年まで立教大学大学院特任教授。

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!