復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

5,500円以上で送料無料
3,960円(税込)

近世都市〈江戸〉の水害 災害史から環境史へ

渡辺浩一

3,960円(税込)

(本体価格 3,600 円 + 消費税10%)

配送時期:3~6日後

Tポイント:36ポイント

この商品は現在販売中です

数量: 在庫数:在庫僅少

ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます

お気に入りに追加

著者 渡辺浩一
出版社 吉川弘文館
判型 A5
頁数 240 頁
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784642043496

商品内容

江戸は、低地である本所・深川を中心に何度も水害に見舞われた。幕府の水害記録と対策マニュアル、女性・子どもと男性の避難の違いなど、水害への対応を具体的に描き出す。
災害復興の中長期的都市政策や埋立・水路・堤防など人為的な自然環境の改変を解き明かし、自然と社会との連関を考察。災害を自然と人間との相互関係として捉える注目の書。

▼目次
序章 災害史から-本書の課題
1 災害対応
--災害対応と文書行政-江戸における二つの大水害から
 --自然改造と被災状況
 --情報収集と政権の状態
 --被災者対応
--水害記録と対策マニュアルの形成
 --江戸の寛保二年大水害と水害記録の成立
 --両国橋に限定した対策マニュアルの策定
 --天明六年大水害における先例の利用
 --総合的水害対処マニュアルの策定
--江戸水害における住民の避難行動-弘化三年江戸水害の避難者名簿を中心に
 --優先避難者としての女性と子ども
 --弘化三年江戸水害の避難者名簿
 --避難者の分析
  以下細目略
2 中長期的災害対策
--災害復興をめぐる近世都市政策と地域社会-寛政期における江戸深川洲崎の高潮被害
--江戸の天明期連続複合災害
3 人為的自然環境と災害
--江戸水害と都市インフラ
--水系と災害
終章〈連関〉の環境史へ-成果と課題

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!