復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

刑務所の精神科医 治療と刑期の間で考えたこと

野村俊明

2,970円(税込)

(本体価格 2,700 円 + 消費税10%)

amazon.co.jpにてお買い求めください

amazon.co.jpへ

※在庫・発送日は遷移先のサイトでご確認ください。
※当ページ表示の価格とは異なる場合があります。
※Tポイントや特典等は対象外となりますのでご注意ください。

お気に入りに追加

著者 野村俊明
出版社 みすず書房
判型 四六判
頁数 232 頁
ジャンル 文芸書
ISBNコード 9784622090373

商品内容

親の顔も知らずに育った青年。身寄りもなく、万引きを繰り返して刑務所と外の世界を行き来する高齢者。重度の精神障害のため会話もままならず、裁判すらできずに拘置所に収容されつづける男性--。
著者は精神科医として、刑務所や少年院などの矯正施設で、ありとあらゆる人生を見てきた。
刑務所の高い塀の向こうで、心の病いを抱えた人はどう暮らし、何を思うのか。罰と病いをめぐるエッセイ。

▼目次
はじめに
刑務所医者事始め
虐待が奪いゆくもの
矯正施設で見た家族のかたち
保護室で聞いた除夜の鐘
精神鑑定は精神医学の華なのか
不注意と落ち着きのなさと寛容さと
発達障害は何をもたらしたか
高齢者の病いと罪と
フィンランドの刑務所
往診が教えてくれること
反社会的価値観と精神療法
あとがき
主要参考文献

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!