復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

5,500円以上で送料無料
3,850円(税込)

芸術と創造的無意識

エーリッヒ・ノイマン 著 / 氏原寛 野村美紀子 訳

3,850円(税込)

(本体価格 3,500 円 + 消費税10%)

配送時期:3~6日後

Tポイント:35ポイント

この商品は現在販売中です

数量: 在庫数:在庫僅少

ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます

お気に入りに追加

得票数:4票
芸術と創造的無意識
著者 エーリッヒ・ノイマン 著 / 氏原寛 野村美紀子 訳
出版社 創元社
判型 A5
頁数 176 頁
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784422117584

商品内容

ユング派芸術論、堂々復刊!
ユングの弟子の中でも、『意識の起源史』や『グレート・マザー』などの大作によってユング心理学を最も創造的に発展させたノイマンの芸術論を収める。
本書は集合的普遍的無意識の立場から、創造的人間ないし創造的過程について鋭い分析を加え、また現代芸術に現れている現代人の心の状況について巨視的に展望している。特に、フロイト論文をふまえ、「永遠の少年」としてのダ・ヴィンチを考察した論文は、今日的でユニークである。
今まであまり紹介されなかったユング派による芸術論を理解するのに格好の書。

▼目次
◆まえがき

◆第一章 レオナルド・ダ・ヴィンチと母元型
1 はげたか幻想
2 その生涯 --太母の若い息子
3 大地の元型 --「岩窟の聖母」と解剖学
4 ソフィア体験 --「モナ・リザ」と「聖アンナ」
5 永遠の少年 --「洗礼者ヨハネ」と「バッカス」

◆第二章 芸術と時間
1 芸術の意味 --時代との関わり
--はじめに
--人間の発達と芸術
--芸術の同時代との関わり方
--芸術の超越
2 われわれの時代 --希望
--文化規範の図式化
--われわれの時代の芸術
--混沌と暗黒の中で
--新しいものの誕生

◆第三章 マルク・シャガールに関するノート

◆訳者あとがき --「創造の病」と「永遠の少年」

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

復刊投稿時のコメント

全4件

  • もともと芸術論から出発したこともあってノイマンの分析は古びていないと思います。
    芸術と深層心理の関係を理解する上で目を通していただきたいです。 (2021/04/14)
    GOOD!0
  • エーリッヒ・ノイマンの心理分析は、とても詳細で意義深いです。
    絶版状態なのはもったいないと思います。 (2008/04/24)
    GOOD!0
  • ノイマンの著作は面白く人間や、自分自身について考えさせられることが多いです。復刊希望します。 (2007/02/15)
    GOOD!0
  • 芸術作品と心理(無意識)の関係。その構造について知りたい。参考書として (2006/09/02)
    GOOD!0

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!