復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

5,500円以上で送料無料
1,045円(税込)

【バーゲンブック】自殺の思想

朝倉喬司

1,045円(税込)

(本体価格 950 円 + 消費税10%)

配送時期:2019/12/下旬

Tポイント:9ポイント

この商品は現在販売中です

数量: 在庫数:11 個

ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます

お気に入りに追加

※当商品は、バーゲンブックです。

◎バーゲンブック(自由価格本)とは、出版社の倉庫に在庫されていた本を非再販本として出庫するものです。アウトレット本とも呼ばれます。 リサイクルブック(中古本・古書)ではありません。
◎出版社は、自由価格本に指定した商品を通常の新本として扱うことはありません。
◎バーゲンブックには、非再販本である旨を明記するため、シール貼付・捺印・罫線引きなどの処置がなされています。また、商品の性質上、若干の汚れやキズがある場合がございます。これらに起因する返品や交換はお受けできません。あらかじめご了承ください。
著者 朝倉喬司
出版社 太田出版
判型 四六判
頁数 422 頁
ジャンル 実用書
ISBNコード 9784872339451

商品内容

「バーゲンブック・フェア 2019年12月」対象商品。
通常税込定価:2,090円のところを50%OFFでご提供いたします。数に限りがございますので、お早めにどうぞ。


明治三六年、夏目漱石の教え子・一高生の藤村操が日光華厳の滝に投身自殺して空前の自殺ブームを巻き起こして以来、一九八六年の岡田有希子現象、そしていじめ自殺に至るまで。自殺者たちが死をもって提示した「生への窮極の問い」を、近代という時間のなかで追究し、自殺の思想領域を切り拓く類例なき力篇。今を生きるすべての人に。

▼目次
第1章 華厳の滝・厳頭の「自己」-藤村操の投身自殺を中心に
第2章 複製される自殺-三原山連鎖自殺を軸に
第3章 戦争と自殺-死のう団事件を始まりとして
第4章 戦後への自殺の閃光-原口統三、「光クラブ」山崎晃嗣ほか
第5章 闘争の季節の自殺-岸上大作、奥浩平、斉藤和ほか
第6章 不たしかな「私」たちの自死-岡田有希子現象、大雪山SOS事件、いじめ自殺ほか

▼著者プロフィール
朝倉喬司(あさくら きょうじ)
1943年岐阜県生まれ。早稲田大学文学部中退。『週刊現代』記者を経て、ノンフィクション作家となる。

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!