復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

5,500円以上で送料無料
2,750円(税込)

ヴェノナ 解読されたソ連の暗号とスパイ活動

ジョン・アール・ヘインズ ハーヴェイ・クレア 著 / 中西輝政 監訳 / 山添博史 佐々木太郎 金自成 訳

2,750円(税込)

(本体価格 2,500 円 + 消費税10%)

配送時期:3~6日後

Tポイント:25ポイント

この商品は現在販売中です

数量: 在庫数:在庫僅少

ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます

お気に入りに追加

得票数:109票
ヴェノナ 解読されたソ連の暗号とスパイ活動
著者 ジョン・アール・ヘインズ ハーヴェイ・クレア 著 / 中西輝政 監訳 / 山添博史 佐々木太郎 金自成 訳
出版社 扶桑社
判型 A5
頁数 501 頁
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784594083076

商品内容

近現代史の書き換えを迫る第一級の史料!

封印されてきた歴史の真実
第二次世界大戦時、アメリカはソ連の諜報活動に操られていた!

江崎道朗氏推薦!
「ヴェノナ文書によって、第二次世界大戦だけでなく、対日占領政策と現行憲法制定、そして朝鮮戦争に至る近現代史の見直しが迫られている」

『ヴェノナ文書』とは、アメリカとイギリスの情報機関が、1940~1944年のソ連の暗号を解読したもので、1995年のアメリカの情報公開法によって一斉公開された。
本書はその内容を明らかにした『Venona: Decoding Soviet Espionage in America』の日本語訳である(監訳者:京都大学名誉教授 中西輝政)。

中西輝政氏が注目する4つのポイント
1「暗号解読」という営みに対するアメリカをはじめとする主要国の国家的執念の凄さ
2 解読されたソ連暗号通信から明らかになった事実の驚くような中味
3 なぜ米ソの冷戦が始まったのか、という20世紀の大問題に「ヴェノナ」が関わっている
4 かくも重大な世界史的秘密が長期間、多くの人々の眼から隠されてきたことへの驚き

▼著者プロフィール
ジョン・アール・ヘインズ
元アメリカ議会図書館史料部研究員

ハーヴェイ・クレア
エモリー大学名誉教授
ともに歴史家で、アメリカ共産主義運動とソ連の対米スパイ活動を扱う共著を多数出版。 ソ連崩壊後に公開されたロシア語文書を利用し、『アメリカ共産主義の隠された世界』(1995年)を出版。多角的な史料を駆使してアメリカ共産党の歴史像を大きく塗りかえた研究が評価され、モイニハン上院議員の招きを受けて、議会で「ヴェノナ」文書公開の必要性を主張。この結果「ヴェノナ」は公開され、二人は本書を執筆(1999年)。その後も関連テーマの共著を続々と発表し、2009年にはアレクサンドル・ヴァシリエフの入手したソ連諜報機関資料を利用して『スパイたち』を出版、さらに謎だったスパイたちの真実を明らかにした。

中西輝政(なかにし てるまさ) 監訳
京都大学名誉教授
1947年、大阪府生まれ。京都大学法学部卒業。英国ケンブリッジ大学歴史学部大学院修了。京都大学助手、三重大学助教授、スタンフォード大学客員研究員、静岡県立大学教授、京都大学大学院教授を歴任。専攻は国際政治学、国際関係史、文明史。2002年、正論大賞、2005年、文藝春秋読者賞受賞。著書に『大英帝国衰亡史』(毎日出版文化賞・山本七平賞、PHP文庫)、『日本人としてこれだけは知っておきたいこと』(PHP新書)、『日本人として知っておきたい世界史の教訓』(育鵬社)など多数がある。(序章、第十一章、監訳者あとがき担当)

山添博史(やまぞえ ひろし) 訳
防衛省防衛研究所主任研究官
1975年、大阪府生まれ。2005年、ロンドン大学スラヴ東欧研究所修士課程修了、2008年、京都大学人間・環境学研究科博士、防衛研究所勤務開始、2012年、英国王立防衛安全保障研究所(RUSI)客員研究員(兼任)。専門はロシア安全保障、国際関係史。著書に『世界のインテリジェンス(共著)』(PHP研究所)、『名著で学ぶインテリジェンス(共著)』(日経ビジネス人文庫)、『国際兵器市場とロシア』(東洋書店)、『宗主権の世界史(共著)』(名古屋大学出版会)など。情報史研究会会員。(第一章、二章、三章、九章担当)

佐々木太郎(ささき たろう)
1980年、広島県生まれ。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。専門は、国際政治学、インテリジェンス研究。著書に『革命のインテリジェンス』(勁草書房)、『日中戦争再論(共著)』(錦正社)、『インテリジェンスの20世紀(共著)』(千倉書房)、『名著で学ぶインテリジェンス(共著)』(日経ビジネス人文庫)など。現在、京都文教大学及び相愛大学にて非常勤講師を務める。(第四章、五章、六章、七章担当)

金自成(きむ じゃそん)
1973年、京都府生まれ。2004年、京都大学大学院人間・環境学研究科修士課程修了。専門は現代東アジア国際政治史。著書に『政策学的思考とは何か(共著)』(勁草書房)、『インテリジェンスの20世紀(共著)』(千倉書房)、『名著で学ぶインテリジェンス(共著)』(日経ビジネス人文庫)など。情報史研究会会員。(第八章、十章担当)

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

復刊投稿時のコメント

全109件

  • 情報戦への完全な無知と無視の日本にとって必要。 (2019/10/20)
    GOOD!0
  • 読みたい! (2019/09/28)
    GOOD!0
  • 世界史に深く食い込んだソ連スパイ活動を日本語で直接読みたいのです。 (2019/09/28)
    GOOD!0
  • ソ連邦に興味があり、是非読んでみたい。 (2019/09/28)
    GOOD!0
  • これはぜひ読みたいので (2019/09/27)
    GOOD!0

もっと見る

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!