復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

5,400円以上で送料無料
9,900円(税込)

戦後日本の教科書問題

石田雅春

戦後日本の教科書問題

予価 9,900円(税込)

(本体価格 9,000 円 + 消費税10%)

【送料無料】

配送時期:2019/10/中旬

Tポイント:90ポイント

この商品は現在販売中です

数量: 在庫数:49 個

ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます

お気に入りに追加

<ご注意>
2019年10月以降発売の商品につき、10%の消費税率が適用されます。あらかじめご了承ください。 
著者 石田雅春
出版社 吉川弘文館
判型 A5
頁数 280 頁
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784642038874

商品内容

教育課程や検定制、歴史教科書の記述内容などを焦点に進められてきた戦後の教科書問題研究。昭和20年から50年ごろまでの諸問題を、占領期・講和独立後・家永教科書裁判提訴後にわけて分析。
占領期の文部省とCI&E、中教審と国民意識、日教組と文部省という対立構図に着目し、これまでとは違った視点から教科書問題の実態に迫る注目の書。

▼目次
序章 本書の分析視角
敗戦直後の文部省の自主改革とCI&E -教科書改訂に焦点を合わせて
--占領開始直後の状況
--文部省による自主改革の挫折
国定制から検定制への転換過程
--制度転換への準備
--日教組と検定制
CI&E教育課による検定教科書審査の実態 -機構と問題
--CI&E教育課の審査機構
--CI&E教育課の審査上の問題
--CI&E教育課による審査の特徴 ほか
一九五五年前後の文教政策と教科書問題 -「逆コース」の理解に対する一考察
中央教育審議会と教科書問題 -「教科書制度の改善に関する答申」の形成過程を中心に
教科書無償化実現の政治過程と自由民主党
家永教科書裁判と支援運動
教科書問題をめぐる言説 -新聞報道の分析をもとに
終章 まとめと考察

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!