1. TOP
  2. ショッピング
  3. 実用書
  4. 『地図にない国を行く(宮崎正弘)』 販売ページ

地図にない国を行く

地図にない国を行く

  • 著者: 宮崎正弘
  • 出版社: 海竜社
  • 判型: 四六判
  • 頁数: 256 頁
  • ISBN: 9784759316667
  • ジャンル: 実用書
  • 配送時期: 2019/06/下旬
  • 在庫数: 在庫僅少

    ※ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます。

  • 価格: 1,728 円 (税込)
    (本体価格 1,600 円 + 消費税8%)
  • Tポイント: 16ポイント ポイントについて
  • 数量:
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

グーグルマップでは見ることのできない世界の裏。
ガイドブックにない国、地方、秘境。
昼と夜でその顔を変えてしまう、あの街。
不思議な世界旅行へと、あなたをご案内します。

現代は世界の隅々の地図を瞬時に把握できるようになりました。今世界のどこかで起きている災害もテロ事件も、祝賀のお祭りもSNSの発達により把握できます。しかし、このような時代にも地図に載らない場所が、世界中にあります。著者は20代のころから世界各地、時には危険地域も数多く取材してきました。50年以上に渡る取材旅行で訪れた国と地域は100を裕に超えます。本書は著者の取材旅行を、豊富な写真と文章で綴った渾身の一冊。地図に載らない世界を擬似旅行する、読書体験してみませんか?

▼著者プロフィール
宮崎 正弘 (みやざき まさひろ)
1946年金沢生まれ。早稲田大学中退。1982年『もうひとつの資源戦争』(講談社)で論壇へ。中国問題をはじめ、世界情勢の深部に斬り込み分布するレポートに定評がある。また、文芸評論家としての顔も持ち、三島由紀夫三部作は資料的価値が高いと文壇でも評価された。歴史関係の著書も多数執筆。著書に『拉致』(徳間書店)、『三島由紀夫の現場』『三島由紀夫「以降」』(以上、並木書房)、『三島由紀夫はいかにして日本回帰したのか』(清流出版)の三島由紀夫三部作、『西郷隆盛----日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社)、『吉田松陰が復活する! -憂国の論理と行動-』(並木書房)、『青空の下で読むニーチェ』(勉誠出版)、『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店)など。

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2019/06/10
『地図にない国を行く』(宮崎正弘)の注文を開始しました。

この商品は現在販売中です。

歴史・地理に関するQ&A

明智光秀が討ち取った信長の首で〇〇する歴史小説

今から20年くらい前に出版された歴史小説です。「信長の〇〇」か「〇〇の信長」というタイトルでハードカバー上下巻だったようです。ラストのほうで、信長を討ち取った光秀が、その首を使って口淫する内容でした。他...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る