復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

蝦夷の古代史

工藤雅樹

2,420円(税込)

(本体価格 2,200 円 + 消費税10%)

amazon.co.jpにてお買い求めください

amazon.co.jpへ

※在庫・発送日は遷移先のサイトでご確認ください。
※当ページ表示の価格とは異なる場合があります。
※Tポイントや特典等は対象外となりますのでご注意ください。

お気に入りに追加

著者 工藤雅樹
出版社 吉川弘文館
判型 四六判
頁数 232 頁
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784642071055

商品内容

古代東北に居住し、独自の生業を営んだ蝦夷(えみし)。朝廷は軍事や懐柔策を使って支配を試みるも、彼らは族長に率いられ抵抗した。
服属に至る過程を追い、蝦夷の起源とアイヌ語地名・マタギ言葉にも独自の見解を提示する名著。

▼目次
はじめに
古代蝦夷の諸段階
--古代蝦夷の諸段階
 --「エミシ」から「エゾ」ヘ
 --第一段階 -「エミシ」が東国人をひろく意味した時代
 --第二段階 -朝廷の直接支配の外の人たちが「エミシ」と呼ばれた時代
 --第三段階 -大化の改新から平安初期まで
 --第四段階 -平安初期から平泉藤原氏の時代まで
 --第五段階 -鎌倉時代以後
--東国人としての「エミシ」 -第一段階
 --「エミシ」という語の最古の用例
 --記紀歌謡と初期万葉の歌
 --強く、恐ろしく、かつ畏敬すべき「エミシ」
 --ヤマトタケルの物語
 --四道将軍の話、豊城命とその子孫の話
 --倭王武の上表文と「毛人」
 --古墳から見る/北の世界の文化・続縄文文化
--以下細目略
--大和の支配の外にある者としての「エミシ」 -第二段階
--大化の改新後の世界 -第三段階
--平安時代の蝦夷 -第四段階
蝦夷はアイヌか日本人か
古代蝦夷関係年表
『蝦夷の古代史』を読む …八木光則

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!