1. TOP
  2. ショッピング
  3. 専門書
  4. 『記憶の図像学 亡き人を想う美術の歴史(加須屋誠)』 販売ページ

記憶の図像学 亡き人を想う美術の歴史

記憶の図像学 亡き人を想う美術の歴史

  • 著者: 加須屋誠
  • 出版社: 吉川弘文館
  • 判型: 四六判
  • 頁数: 276 頁
  • ISBN: 9784642083485
  • ジャンル: 専門書
  • 配送時期: 2019/03/上旬
  • 在庫数: 在庫僅少

    ※ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます。

  • 価格: 2,700 円 (税込)
    (本体価格 2,500 円 + 消費税8%)
  • Tポイント: 25ポイント ポイントについて
  • 数量:
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

造形的な美しさで人びとを魅了する仏教美術。時に作品は死者への切実な想いにより制作され、敬われ、残されてきた。
聖徳太子や源頼朝の追善供養、藤原道長の逆修供養、源信による臨終行儀作法などをとりあげて、死と向き合うことの意味を歴史的事象からさぐる。作品を、生者と死者とのつながりとして捉え直し、その果たしてきた社会的役割を描く。

▼目次
プロローグ -恐山へ
死を悼む -追善供養の美術
--飛鳥・白鳳・天平時代の追善供養
 --聖徳太子の追善
 --故人を偲ぶための仏像
 --東大寺大仏への寄進 -光明皇后の聖武天皇追善
 --光明皇后の死と国家的な追善供養
 --奈良朝藤原氏の盛衰と仏教信仰 ほか
--平安時代の追善供養
--鎌倉・室町時代の追善供養 -武家の世へ
死を想う -逆修供養の美術
--貴族社会の逆修供養 -あらかじめ生前に供養しておくこと
--算賀と尚歯会 -長寿の祝いと往生への願い
--十王信仰と地蔵の救済
死に臨む -臨終行儀の美術
--臨終行儀の理論と実践
--語られた往生
--描かれた往生
--臨終行儀の場
--臨終行儀の難しさ
死者と生者の出逢い -地上より永遠へ
--死者の記憶
--往生者の肖像と聖遺物
--死者と生者の出逢い
エピローグ -ヒロシマへ

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2019/01/17
『記憶の図像学 亡き人を想う美術の歴史』(加須屋誠)の注文を開始しました。

この商品は現在販売中です。

歴史・地理に関するQ&A

明智光秀が討ち取った信長の首で〇〇する歴史小説

今から20年くらい前に出版された歴史小説です。「信長の〇〇」か「〇〇の信長」というタイトルでハードカバー上下巻だったようです。ラストのほうで、信長を討ち取った光秀が、その首を使って口淫する内容でした。他...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る