復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

5,500円以上で送料無料
2,750円(税込)

恐竜大紀行 ≪オリジナル版≫

岸大武郎

2,750円(税込)

(本体価格 2,500 円 + 消費税10%)

配送時期:3~6日後

Tポイント:25ポイント

この商品は現在販売中です

数量: 在庫数:46 個

ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます

お気に入りに追加

得票数:46票
恐竜大紀行
≪復刊ドットコム オリジナル特典≫
復刊ドットコムで『恐竜大紀行 ≪オリジナル版≫』を購入すると、
オリジナルステッカー(非売品)をプレゼント! 特典は数に限りがありますので、お早目にどうぞ。

≪特典に関するご注意≫
本商品と予約商品(=未刊行商品)を同時にご注文いただく際、「まとめ発送」を指定されると、システム上、特典付きの商品をお届けできない場合がございます。特典をご希望の場合は「分割発送」をご指定いただくか、2度に分けてご注文ください。
著者 岸大武郎
出版社 復刊ドットコム
判型 A5
頁数 260 頁
ジャンル コミック・漫画
ISBNコード 9784835455877

商品内容

恐竜たちが人格を持ち、縦横無尽に世界を闊歩する!
いまなお多くのファンを魅了し続ける、「週刊少年ジャンプ」の隠れた名作が、雑誌連載時のオリジナルのページネーション、4色・2色カラーページ、扉などを忠実に再現した≪オリジナル版≫仕様でついに復刊! 腹を見せたら負けだ、忘れるな!


1988~1989年は、おなじみ「週刊少年ジャンプ」のまさに絶頂期。
「ドラゴンボール」「聖闘士星矢」などの人気名作マンガが切磋琢磨し合う、まさに(漫画家にとっては)戦場とも呼べる舞台に、人間が全く登場しない、一話完結という斬新な設定のもと、突如として連載がはじまったのがこの『恐竜大紀行』でした。

恐竜といえば、図鑑や学習マンガでしかその内容を知り得なかった当時。
本作品が極めて画期的だったのは、恐竜たちが、彼らの暮らす世界でリアルに生きぬいている描写がなされ、弱肉強食ともいえるその過酷な恐竜世界(生物)の模様が、恐竜たちの視点から生き生きと展開されていることでした。

獲物を追う、捕える、逃げる。
生物であれば当然ともいえる、【生きる】【生き抜く】という行為を、一話完結のドラマ仕立てで描き、死から誕生といったものまでもきちんと描ききる。
キャラクターマンガが全盛の、とりわけ漫画雑誌の王様とも呼べる「週刊少年ジャンプ」誌上では非常に異色な存在であり、残念ながら全12話という短い期間で連載は終了してしまいましたが、当時の子どもたちに、強烈なインパクトを残した作品でもありました。

今回の復刊企画では、雑誌連載当時の掲載順に完全収録するのはもちろん、連載時の扉絵や4色・2色ページも完全再現した形での復刊を実現!
また「週刊少年ジャンプ」の奥付には当時必ず掲載されていた、著者イラスト入りの後記なども再録した、まさに≪オリジナル版≫仕様となっています!
*巻末には岸先生による復刻版刊行のためのあとがき文を掲載予定!

1コマ1コマ緻密に描かれた絵、恐竜たちが放つ印象的な台詞、理屈ではないその魅力を存分にお楽しみください!

☆☆☆本書の5大特長☆☆☆
1.ファンにはたまらない!? 「週刊少年ジャンプ」の中でもマニア人気が高いタイトルを雑誌連載≪オリジナル版≫仕様で復刊!
2.恐竜たちが獲物を追う、捕える、食う、逃げる。緻密なタッチで丁寧に描かれた作画の数々は必見!
3.原稿を丁寧にレストア(修復)し、クリアで美麗な紙面を実現!
4.岸大武郎先生による雑誌連載時奥付の後記もすべて再録! 加えて、≪オリジナル版≫復刊にあたってのあとがきマンガも執筆予定!
5.復刊ドットコムだけのオリジナル特典として、ステッカーをプレゼント!

▼主な収録内容
第1話 スカーフェイスの生涯(ティラノサウルス)
第2話 チビ(プテラノドン)
第3話 サンダーとペッカー(アパトサウルスと始祖鳥)
第4話 海の彗星コメット(イクチオサウルス)
第5話 のんき者ノロ(ステゴサウルス)
第6話 ロック(パキケファロサウルス)
第7話 水辺のブラッド(ディメトロドン)
第8話 父ちゃん(アンキロサウルス)
第9話 ケロンじいさんの見た事(アーケロンとアンモナイト)
第10話 英雄ドン(トリケラトプス)
第11話 化石(前編)
第12話 化石(後編)

▼特典イメージ画像:(クリックで拡大します)
※恐竜語録を生かしたポストカードを制作予定
恐竜大紀行 ≪オリジナル版≫ イメージ

▼著者プロフィール
岸 大武郎(きし だいむろう)
1963年生まれ、神奈川県茅ヶ崎市出身。1983年、『21世紀の流れ星』が手塚賞に準入選。1985年、『水平線にとどくまで』が手塚賞に入選し、「週刊少年ジャンプ増刊号」(集英社)で商業誌にデビュー。荒木飛呂彦氏、森田まさのり氏等のアシスタントを経て、『恐竜大紀行』『てんぎゃん -南方熊楠伝-』を「週刊少年ジャンプ」に連載。その後は、秋田書店や新潮社などの漫画雑誌で執筆活動を続ける。

※本書は、集英社「週刊少年ジャンプ」(1988年51号~1989年12号)に連載された『恐竜大紀行』をベースに、新装版として出版するものです。

もっと見る

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

全3件

  • 学習漫画なのかも

    昔の作品なので恐竜それぞれ新しい発見などにより学説などが違ってくる場面もありそうですが、何より生と死という物を上手く描けている作品だと自分は思います。 (2019/07/02)

    GOOD!0
  • 隠れた名作とは正にこれ

    ジュラシックパークよりはるかに早く恐竜たちの生活を活写した傑作。世に出るのが早すぎた作品。 (2018/04/04)

    GOOD!1
  • 30年を経てなお新鮮

    まず漫画家には早熟の天才が多いことを前提としても、二十代半ばの若い作家がこれだけ濃厚な世界観をこれだけ綿密な考証を踏まえて描き出したことに驚きを禁じ得ません。

    あれから30年、恐竜の時代を探る科学的研究は大いに進展し、多くの図鑑類が時代遅れとなって行きました。しかしこの作品には全く古さを感じません。皮膚の質感であるとか習性であるとか、専門家であればいくつか指摘すべきことが見つかるとは思いますが、岸氏の描く「生存をかけたドラマ」の鮮やかさが、そうしたことを超えて読者に訴えかけてきます。 (2018/04/03)

    GOOD!1
  • レビュー投稿はこちら

復刊投稿時のコメント

全46件

  • 隠れた名作だと思います。ジャンプを心待ちにしていたあの日を思い出して一票。 (2014/12/03)
    GOOD!0
  • 読みたいです。 (2013/11/29)
    GOOD!0
  • 昔持っていてお気に入りだったけど、読めなくなって捨ててしまった。今は後悔している、もう一度この本を読みたい。 (2013/02/12)
    GOOD!0
  • 小学生のころ、
    とても印象に残った作品です! (2012/09/07)
    GOOD!0
  • 男塾やら濃ゆい漫画全盛のジャンプでどんな恐竜の扱い方をした
    のか非常に気になりました。 (2005/07/11)
    GOOD!0

もっと見る

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!