復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

夜のみだらな鳥

ホセ・ドノソ 著 / 鼓直 訳

3,850円(税込)

(本体価格 3,500 円 + 消費税10%)

amazon.co.jpにてお買い求めください

amazon.co.jpへ

※在庫・発送日は遷移先のサイトでご確認ください。
※当ページ表示の価格とは異なる場合があります。
※Tポイントや特典等は対象外となりますのでご注意ください。

お気に入りに追加

得票数:133票
夜のみだらな鳥
著者 ホセ・ドノソ 著 / 鼓直 訳
出版社 水声社
判型 四六判・上製
頁数 586 頁
ジャンル 文芸書
ISBNコード 9784801002678

商品内容

望まれない畸形児≪ボーイ≫の養育を託された名家の秘書ウンベルトは、宿痾の胃病で病み衰え、使用人たちが余生を過ごす修道院へと送られる。
尼僧、老婆、そして孤児たちとともに暮らしながら、ウンベルトは聾?の≪ムディート≫の仮面をつけ、悪夢のような自身の伝記を語り始める…。
延々と続く独白のなかで人格は崩壊し、自己と他者、現実と妄想、歴史と神話、論理と非論理の対立が混じり合う語りの奔流となる。
『百年の孤独』と双璧をなすラテンアメリカ文学の最高傑作。

「これは傑作である。狂暴な雰囲気、執拗きわまりない反復、作中人物の変身、純粋にシュルレアリスム的な物語構造、不合理な観念連合、限りなく自由な想像力、美醜の原則の侮辱的な無視に、度肝を抜かれてしまった。」
--ルイス・ブニュエル


▼著者プロフィール
ホセ・ドノソ(José Donoso)
1924年、チリのサンティアゴのブルジョア家庭に生まれる。1945年から46年までパタゴニアを放浪した後、1949年からプリンストン大学で英米文学を研究。帰国後、教鞭を取る傍ら創作に従事し、1958年、長編小説『戴冠』で成功を収める。1964年にチリを出国した後、約17年にわたって、メキシコ、アメリカ合衆国、ポルトガル、スペインの各地を転々としながら小説を書き続けた。1981年にピノチェト軍事政権下のチリに帰国、1990年には国民文学賞を受けた。1996年、サンティアゴにて没。代表作には本作のほか、『別荘』(1978年)、『絶望』(1986年)などがある。

鼓直(つづみ ただし)
1930年、岡山に生まれる。東京外国語大学卒業。法政大学名誉教授。専攻、ラテンアメリカ文学。主な訳書には、ガブリエル・ガルシア=マルケス『百年の孤独』(新潮社 1972年)、ホルヘ・ルイス・ボルヘス『伝奇集』(岩波文庫 1993年)、ガブリエル・ガルシア=マルケス『族長の秋』(集英社文庫 1994年)、アレホ・カルペンティエール『バロック協奏曲』(水声社 2017年)など多数ある。

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

復刊投稿時のコメント

全133件

  • 著者の代表作であり、南米文学の名作とされるのに、手に入らない。とても残念です。
    ぜひ復刊していただき、じっくり読んでみたいです。 (2020/07/05)
    GOOD!0
  • 水声社が復刊してくださるという話はどうなったのでしょう (2017/01/14)
    GOOD!0
  • 読んでみたいです。 (2014/10/18)
    GOOD!0
  • 以前、入手したのだが、事情があり読まないまま手放してしまった。大きなミスだった。どうしても読みたい。 (2014/09/17)
    GOOD!0
  • 読みたい (2014/08/19)
    GOOD!0

もっと見る

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!