復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

絶対無の戯れ POD版

ダンテス・ダイジ

3,520円(税込)

(本体価格 3,200 円 + 消費税10%)

配送時期:3~6日後

Tポイント:32ポイント

この商品は現在ご購入いただけません。

在庫切れ

お気に入りに追加

得票数:48票
絶対無の戯れ
こちらはご注文いただいてから印刷をするオンデマンド商品となり、
ご注文から発送までに約2週間~1ヶ月程頂いております。
著者 ダンテス・ダイジ
出版社 森北出版
シリーズ 新装版
判型 並製、B6
頁数 196 頁
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784627982390

商品内容

瞑想は言葉となった。言葉は瞑想となった…… 道元に深く帰依し、インドにおいてババジ直系のクンダリニー・ヨーガの究極の解脱に達した著者、ダンテス・ダイジ 導師が、生前書きとどめていた『詩』を忠実に活字にし た遺稿詩集。瞑想、夢、死、自己、愛、欲望などについ て詩の形式で語りかける。名著のPOD版。

※本書は、ご注文をいただいてから本を作成するオンデマンド出版方式をとっておりますので、商品到着までに1週間から10日ほどのお時間をいただいております。ご了承ください。

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

復刊投稿時のコメント

全48件

  • 『絶対無の戯れ』はダイジの詩集であり、その瞑想の現代的意義や各行の方向性について解き明かした『アメジスト・タブレット・プロローグ』や『ニルヴァーナのプロセスとテクニック』と並べると、詩集にはひとつの知的解釈という方向性を持たないために、覚者のもつ世界観とそのイメージを安易にイメージ的に解釈し、瞑想を単なるニヒリズム的に受け取りかねない危険を含んでいる。
    それは著者の意図とは反するものであるであろうから、『絶対無の戯れ』はある意味で高度に受け取り手を選ぶ著書ともいえる。
    虚無に直面しきれない現代人の自我からすれば、覚者の或るところの、絶対の無から描かれた詩は恐ろしいものに映る。そして、絶対虚無という恐ろしさの感覚をも含めて素直に直面せよ、とダイジから伝えられているかのようだ。
    この詩集は恐ろしい。
    恐怖は、すべて神秘を内包している。あらゆるタブーをもう一度見直せ。というダイジの言葉が心に刺さります。
    ダイジの言葉はすべて、大いに現代的意義を持ち得ると確信します。
    既にPOD版があるにせよ、店頭で並べたらこれ以上越したことはないでしょう。
    この本の復刊を強く希望します。 (2019/05/20)
    GOOD!1
  • 後世に残すべき貴重な本だから (2017/01/01)
    GOOD!0
  • 書店に並んでほしいので (2016/10/20)
    GOOD!0
  • 途切れ途切れの文章をみつけて、とても惹かれています。書籍で読んでみたいです。 (2016/09/15)
    GOOD!0
  • 是非読んでみたいです (2014/04/29)
    GOOD!0

もっと見る

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!