1. TOP
  2. 復刊ドットコム 特集・企画
  3. 今月のリクエスト企画 (2018年8月メルマガ掲載分)

2018年08月02日

今月のリクエスト企画 (2018年8月メルマガ掲載分)


今月のリクエスト企画 (2018年8月メルマガ掲載分)
  • まほうつかいのまごむすめ
  • BANANA FISH マックス・ロボの手記 全4巻
  • マンガ学
  • マザーグースのクッキングブック

復刊ドットコムスタッフがオススメする復刊リクエストタイトルをご紹介します。
あなたが投票した作品の復刊が実現した場合、その商品を当サイトで購入すると
Tポイントが5倍になります!
詳しくは、「ダブルボーナスプログラム」のページをご確認ください。
皆さまからのたくさんのリクエスト、お待ちしております!

おすすめの復刊リクエスト

まほうつかいのまごむすめ

得票:74票

まほうつかいのまごむすめ

著者: 立原えりか 作 / 渡辺藤一 絵
出版社: 旺文社

お父さんを事故で亡くし、お母さんと2人で暮らす女の子・サチコの家に、ある日突然やってきた「まほうつかいのまごむすめ」。「さがしものが見つかるまでは帰れない」と、その日からサチコの家で共同生活が始まります。
1978年に刊行された小学校中~高学年向けの児童文学で、当時は全国学校図書館協議会の選定図書にも選ばれました。
ファンタジックで印象的なあの世界をもう一度味わいたいと、多くの復刊リクエストが寄せられています。

【リクエストコメントより】
小学生のころ学校の図書室でみつけ、なんども読みました。大人になった今、購入しようと探してみるとなんと絶版。大ショックです!!!女の子2人でかけっこをしているシーン、ちょっと神秘的な感じがなんともたまらない気分になります。なんとかしてまた読みたいです!!!


子どもの頃、大好きだった本で何度も読みました。 今でもふと思い出す場面やフレーズがあり、懐かしい気持ちになったり、読んでいた頃の情景を思い出します。 最後がせつなくて胸が締め付けられた記憶があります。 また読みたいのですが、何度かの引っ越しで見当たらなくなってしまったので、ぜ...

投票する

BANANA FISH マックス・ロボの手記 全4巻

得票:198票

BANANA FISH マックス・ロボの手記 全4巻

著者: 吉田秋生 原作 / 遠藤晶 著
出版社: KSS出版

1985~1994年にかけて「別冊少女コミック」で連載された『BANANA FISH』。コミックが全19巻で刊行されただけなく、舞台化されたり、ラジオドラマも作られるほどの人気を獲得しましたが、本書はそのノベライズ版で、1998年刊。
今夏、吉田秋生氏の画業40周年記念の一環として『BANANA FISH』のTVアニメ版が放映開始されました。同作の新たなファンが急増する中、すでに絶版となったこちらのノベライズ作品にも大きな注目が集まっています。

【リクエストコメントより】
吉田秋生作品は「カリフォルニア物語」の頃から大好きでした。数ある名作の中でもとりわけ「BANANA FISH」は連載開始時からのイチオシ作品。当時の少女マンガでは、『異色』?だったのか読む人が無く、「なぜこの良さが分からんのか!」とはがゆい気持ちでいっぱいでした。そこで友人等に、ザ...


マックスロボの手記を読まれた方の感想を拝見して、 是非とも読みたくなりましたが、どこにもありません。 どうか復刊して頂きたいです。 BANANAFISHのアニメ化で盛り上がっていて、新規のファンも増えています。絶好の機会だと思います。 復刊するならば今です!

投票する

マンガ学

得票:54票

マンガ学

著者: スコット・マクラウド 著 / 岡田斗司夫 監訳
出版社: 美術出版社

米国のコミック・アーティストが、豊かな知識と鋭い洞察力で“マンガ”を分析した研究本。日本語版は1998年刊で、岡田斗司夫氏が監訳を担当しています。
漫画がより理解できるようになるだけでなく、メディア論としても日本論としても深読みができる名著として極めて評価の高い一冊ですが、今では入手困難で、古書市場では5桁の価格で取引されることも。
当時読むことができなかった若い世代から「もう一度読んでみたい」という40代以上まで、幅広い年齢層の方々に本書の復刊が望まれています。

【リクエストコメントより】
プレゼンテーションzenで紹介されていたので、是非読みたい。同書で紹介されている本はいずれも良本なので。 原書はまだAmazonで購入できるが、内容的に英語では中々理解しづらいので翻訳書の復刊を強く希望します。


図書館でまず見かけたのですが、自分がマンガを描くため すごく共感することが多く、また文章のわかりやすさ、丁寧さ そして何より作者自身のマンガへの強い思いに感銘をうけました。 是非とも自分の手元に置きたいと考えています。

投票する

マザーグースのクッキングブック

得票:25票

マザーグースのクッキングブック

著者: 入江麻木 岸田理生 著 / ケイト・グリーナウェイ 絵
出版社: 新書館

1965~80年代にかけて、新書館より発行されたフォアレディースシリーズの中の一冊として1978年に刊行されました。
マザーグースの世界に登場するイギリス流のお料理が、ブランチ、ピクニック、ティータイム、パーティーと4つのテーマで紹介されています。「マッフィン」「パンプキンパイ」「ローストビーフ」「いわしのロースト」などイギリスらしいメニューが登場します。
世界中の子どもたちに愛されている、ほっぺたの落ちそうなおかしの作り方の本です。とても楽しくて役に立つ図解入りのお料理絵本です。

【リクエストコメントより】
マザーグースのお菓子が作れる本のようなので、是非手に入れたいと思いました。よろしくお願いします。


同じシリーズの「アリスのクッキングブック」がとても楽しい料理の本だったのがきっかけとなり、料理が好きになりました。そそして「マザーグースのクッキングブック」も購入したいと思い10年程前に新書館に問い合わせたところ、「10年前に絶版となりました。」という返事でした。今回復刊.comを...

投票する

T-POINT

Tポイントキャンペーン
「ダブルポイントプログラム」実施中
投票タイトルを購入:ポイント5倍
※事前にTポイント利用手続きが必要です。

スケジュール

投票受付スケジュール
投票受付:投票期限はありません
※必ずしも復刊をお約束する企画ではございません。

TOPへ戻る