1. TOP
  2. ぱぴよんさんの公開ページ

ぱぴよんさんのページ

復刊リクエスト投票

日本のアニメーションを築いた人々

興味深そうなため。 (2019/05/09)

日本のアニメーションを築いた人々
【著者】叶精二

オールカラー版 世界の童話

幼いころ見た記憶があるが、おぼろげなので、ぜひまた見て(読んで)みたい。 (2017/01/26)

オールカラー版 世界の童話
【著者】波多野勤子、他

ベルサイユのばら大百科

興味深い (2016/10/20)

ベルサイユのばら大百科
【著者】池田理代子 監修

ガイア・ギア 全5巻

中古市場で思ったより高額になっていたため。 (2016/07/19)

ガイア・ギア 全5巻
【著者】富野由悠季

マンガがバイブル

海外のコミックスに造詣の深い著者の本。 こんな本があるって、はじめて知った 詳細がわからないので、読んでみたい。 (2016/04/24)

マンガがバイブル
【著者】小野耕世

もっと見る

レビュー

童夢 (アクションコミックス)

のちのマンガ家へ強い影響を与えた作品のひとつ

なんかしらないけど、超能力を備えたじいさんが、コンクリートジャングル的な冷たい雰囲気の巨大団地内で連続殺人をおかしていき、やはりなぜか知らないけど超能力を持つ少女がその行為に気づいて殺人を止めることになるという、まぁ、基本的にはシンプルな、単純な内容(当時の希薄化した人間関係などの時代性の描写は、ほかの大友作品同様に盛り込まれているけど)を、圧倒的な画力・構図、演出で魅せていく、漫画界の金字塔的作品のひとつ。なかでも、超能力の見せ方・演出などは、以降のマンガ家さんに多く影響を与えていて、特に、目に見えない力で押し付けられて壁にメリ込む人間、という描写なんて、よくパクられていて、構図含めて「そのままやないかーい!」と思ったこともしばしばでした。 (2016/08/24)

童夢 (アクションコミックス) (【著者】大友克洋) 復刊リクエスト

気楽に殺ろうよ 藤子・F・不二雄[異色短編集]  2

サクッと読めるけど、記憶に残る作品集

SFショートショートを、藤子氏流の軽いタッチで描いたシリーズ。
読みやすい上、短時間で満足感を得られる内容。
氏のメジャー作品しか知らない方なら、ぜひ読んで欲しい作品集です。
ただ、石ノ森氏しかり、当時の漫画家の作品で比較的よく見られるように、海外SFからのイタダキ(作品によってはモロまんま)が散見されるのは、まぁ苦笑いで許したいところ。 (2016/02/21)

気楽に殺ろうよ 藤子・F・不二雄[異色短編集] 2 (【著者】藤子・F・不二雄/著) ショッピング

ぱぴよんさん

ぱぴよんさん

プロフィール

[ニックネーム]
ぱぴよんさん

TOPへ戻る