復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

bokopokoさんのページ

復刊リクエスト投票

  • 真ウィザードリィRPG改訂版ルールブック

    【著者】佐脇洋平 /グループSNE

    コンピューターRPGの起源とも言える『ウィザードリィ』のTRPGルールブック『真ウィザードリィRPG改訂版』の復刊を希望します。
    遊んだ人が多いと思いますので、『世界観』等感情移入できる事うけあいです。
    特に若い人にお勧めしたいですね。(2019/05/17)
  • ファルコン全6巻

    【著者】マーク・スミス&ジェイミー・トムソン

    主人公は『時間警察エージェント』で『タイムマシン』『飛行艇』『ブラスター』『ESP強化ヘルメット』『耐環境スーツ』等の『SF設定』の資料が素晴らしいです。
    ファンタジーのゲームブック以外を遊びたい人にはお勧めです。
    ただ問題があるとすると行動記録の『成績評価』が1巻なら2巻に掲載されている点です。
    是非この点は『袋とじ』にしてでも、1巻毎にまとめて復刊していただきたいです。(2019/01/20)
  • ウォーハンマーRPG 基本ルールブック

    【著者】(著)クリス プラマス、(翻訳)待兼 音二郎

    今『流行の兆し』があるTRPG。
    このゲームは数多くの『フィギュア』を使用して戦場の臨場感を出してる遊ぶスタイルのようです。
    それが理由なのか『フィギュア』の画像をみる機会が多いのですが、肝心の『ルールブック』の情報が少ないと感じています。
    『本』は売られていますが再販という形態で高値での取引となっているのが残念です。
    従来のTRPGよりも『世界観の表現』に特化したゲームのようで『紙媒体』で読んでみたいですね。(2018/10/09)
  • ウィザーズ・クエスト

    【著者】スタジオ・ピンヘッド

    刊行ブームから離れた1990年に出版された『絵』を見て謎を解いていくという『ゲームブック』。
    この本はシステムが面白そうなので是非遊んでみたいですね。(2018/07/12)
  • アドベンチャーノベルス 全30巻

    【著者】横倉 廣、山本邦一、白鳥洋一、真田伸幸、宮本恒之、山口雅也、田中潤司他 多数

    パソコンゲームの黄金期を飾った有名なゲームが『ゲームブック』になっていた事を知ったのは最近でした。
    このシリーズはまだ遊んだ事がないので、是非遊んで思い入れのある世界観を追体験して当時の気分に浸りたいですね。(2018/05/25)

もっと見る

レビュー

  • 火の鳥 全11巻 (GAMANGA BOOKSシリーズ)

    手塚治虫

    壮大な物語

    『火の鳥』は『過去』から『未来』まで続く壮大なスケールに驚かされました。
    読んだ人は『命』の大切さを感じる事ができるでしょう。
    おすすめの作品です。(2018/09/14)

  • ドラゴンクエスト/蘇る英雄伝説

    樋口明雄

    初心に戻って読んでみた。

    『ドラゴンクエスト11』のブームもあって、『ドラクエⅠ』しかもゲームブックを懐かしい思いで読んでみた。
    ストーリー展開はゲーム内容のままでしたが、主人公の『心情表現』が独特で作者のドラクエⅠに対する世界観がよく分かる。
    それは『ファミコン』のデフォルメされた世界が『遊ぶ人によって全く違うんだな~』と分かって興味深かった。
    そういった点もふまえて『ドラゴンクエスト/蘇る英雄伝説』を読むと全く違った楽しみを感じられると思う。
    この作品は『RPG』の根源=『役割を演じる』を思い起こさせる『良きゲームブック』だと感じた。
    ゲームを良く知る人は『マップの繋がり』と『レベルアップ』の面倒さに疑問を感じるとは思うが一度読んでみてはいかがでしょうか。(2017/08/18)

  • ギリシャ神話アドベンチャーゲーム 全3巻

    ジョン・パターフィールド

    アルテウスの復讐

    題材が『ギリシャ神話』なので、当時新鮮な気持ちで読んだ記憶があります。
    1巻しか遊んだ事がありませんので全巻復刊していただけたら、是非購入したい。(2017/02/07)

  • 魔城の迷宮

    奥谷晴彦/刀根広篤

    架空世界の迷宮を彷徨う楽しみ

    舞台は『ルドス』と呼ばれる迷宮の城。
    この作品の凄い所は必ず移動した場所の情景がイラストとして描かれているところ。
    逆に文章による描写は少ないので読み手を選ぶ作品かも知れません。
    イラストを『記憶』しながら『地図』を作って頭の中で迷宮のイメージを描くのが好きな人にはお勧めです。(2016/08/21)

  • バルサスの要塞

    スティーブ・ジャクソン&イアン・リビングストン著、浅羽莢子訳

    バルサスの要塞-アドベンチャーゲームブック (2)

    『バルサスの要塞』は『魔法』という要素を前面に打ち出した作品で、とても楽しんだ記憶があります。
    本作品発売当時は『ゲームブック』の人気が出始めた頃だったので『ファイナルファタジーシリーズ』への期待感が
    とても高かった良き時代でした。
    是非復刊して頂きたいですね。(2016/02/18)

もっと見る

T-POINT 貯まる!使える!