1. TOP
  2. ピョットコさんの公開ページ

ピョットコさんのページ

復刊リクエスト投票

世界殺人鬼百選

複数の人たちが画いた、殺人者たちの絵を観てみたいですね。 (2019/05/08)

世界殺人鬼百選
【著者】ガース柳下

大東亜戦争とスターリンの謀略-戦争と共産主義

地元の図書館にも置かれていないし、この本自体、出回っているものが相当少ないのでしょうね。 復刊を希望します。 (2019/01/19)

大東亜戦争とスターリンの謀略-戦争と共産主義
【著者】三田村武夫

裏切られた革命

これが絶版とは。岩波文庫ももったいないことをしますねぇ。 地元の図書館にも置かれていないし、読みたいところです。 復刊を希望します。 (2018/10/06)

裏切られた革命
【著者】トロツキー(トロツキイ) Лев Д. Троцкий

ヴェノナ 解読されたソ連の暗号とスパイ活動

第2次世界大戦当時、スターリンは世界中にスパイを放っていた。日本とアメリカを戦争させて、ソ連が漁夫の利を得ようともしていた。ルーズヴェルトがソ連のスパイであったという証拠は今のところ無いが、スターリンの思うがままに動いていたことは確かだった。 Venona文書について、解読されているのはまだその一部のみで、その全貌が明らかになるのはまだ時間がかかるだろうと見られています。 それにしても、地元の図書館にも置いていないし、今ではインターネットで超高値で取引されているこの貴重な本が絶版とは、あまりに勿体ない。 是非復刊させるべきでしょう。 (2018/07/10)

ヴェノナ 解読されたソ連の暗号とスパイ活動
【著者】ジョン・アール・ヘインズ ハーヴェイ・クレア 著 / 中西輝政 監訳 / 山添博史 佐々木太郎 金自成 訳

スターリン主義を語る

フランス人とイタリア人によるスターリニズムへの分析とは、興味深い内容。 地元の図書館にも置かれていない。 是非読んでみたいところ。 (2018/05/08)

スターリン主義を語る
【著者】G.ボッファ,G.マルチネ 佐藤紘毅 訳

もっと見る

レビュー

世界の名著16 マキアヴェリ

比較的読みやすいです。

君主論については、訳本が何冊か出ていますが、その中でもこれは比較的読みやすい方だと思います。
岩波文庫から出ている河島英昭さんによる翻訳は、硬い訳文ですし(参考にした原文のテキストが、翻訳者によって違うそうですが)。
欲を言えば、『戦術論』も収録して欲しかったな、と思います。
全文ではなく、マキアヴェリの著書のところどころを抜粋・翻訳した、塩野七生さんによる『マキアヴェッリ語録』がありますが、これは新潮社から出ています。興味のある方は読んでみると良いでしょう。 (2014/09/04)

世界の名著16 マキアヴェリ (【著者】ニッコロ・マキアヴェリ 会田雄次責任編集) 復刊リクエスト

ピョットコさん

ピョットコさん

プロフィール

[ニックネーム]
ピョットコさん

TOPへ戻る