1. TOP
  2. 西高瀬川少年探険団さんの公開ページ

西高瀬川少年探険団さんのページ

復刊リクエスト投票

ブラック・ジャック オリジナル版

昔、何度か見たことがあるが、やっぱり覚えていないストーリーが多い。他の漫画に載ってた、人間を鳥のようにする手術のエピソードさえ忘れてた。改めて読み返してみたい。 (2019/01/31)

ブラック・ジャック オリジナル版
【著者】手塚治虫

ボギーザグレート

当時の少年ジャンプはキン肉マン、北斗の拳、シティハンター、ドラゴンボールなど、少年受けする人気漫画が数多く掲載されており、その中に本作品は埋もれた感があり、それほど人気がなかったように思う。このあとヒットした魁!男塾がアニメ化されるほど人気がでたため、いつしかボギーザグレートは忘れ去られた作品に。でも宮下作品にしては珍しい刑事漫画だし、なによりストーリーが面白い。ぜひ、、復刊してほしい。 (2018/10/03)

ボギーザグレート
【著者】宮下あきら

「三つ目がとおる」単行本未収録話

コージィ城倉氏の漫画、チェイサーに頻繁にこの漫画が登場し、どうしても読みたくなった。それもやっぱり、チェイサーに登場している当時のオリジナル版を。 (2018/07/11)

「三つ目がとおる」単行本未収録話
【著者】手塚治虫

「私立極道高校」完全版(改訂版)

極虎一家へと繋がる作品だと思うけど、途中で打ち切られたせいで単行本が出ていない。よほど内容が過激なんだろうなぁ。ぜひ見てみたい。 (2018/05/13)

「私立極道高校」完全版(改訂版)
【著者】宮下あきら

男おいどん 全6巻

20才の時、入院することになって、暇潰し用に近所の古本屋で何冊か漫画を買っていった。その中にギャグ漫画傑作選という文庫本があり、それに男おいどんの一話が載ってたいた。一応、ギャグ漫画なんだろうけど、当時の僕にとってはまさしく感動作でしかなく、そればかり読み返しっていた。今、読んでも感動するかどうかわからない。それでもあの頃のことを思いだしながら読んでみたい。 (2018/01/16)

男おいどん 全6巻
【著者】松本零士

もっと見る

レビュー

モジャ公

20年位前、Hという雑誌(エロ本ではない)でスチャダラパーのボウズがこの漫画をプッシュしていた。内容はSF冒険劇で、モジャ公の力で地球の時間を止め、宇宙へと旅立つ少年が主人公という、これぞ藤子・F・不二雄の作品という感じです。未来を予感しているようなストーリーが好評のようです。 (2018/08/31)

モジャ公 (【著者】藤子・F・不二雄) ショッピング

男おいどん 全6巻

酒池貧林

チビで貧乏で低学歴な主人公、大山昇太。もちろん女の子に嫌われてばかり、と思いきや以外に女の子(それもすごい美人ばかり)に可愛がられる。でもやっぱり、恋愛の対象として見てもらえず、結局はみんなおいどんの側から離れていく…。
まぁ、惨めな漫画だというのが一般的な評価だとおもうげど(僕もそう思っていた)、よく考えたら次々、美人と接点が持てるおいどんは恵まれているように思える。中には結婚した後も、おいどんを心配して訪ねてくる美女もいるしなぁ。ちょっと羨ましくもある。ちなみに一番お気に入りの女性キャラは西尾令子です。 (2018/08/30)

男おいどん 全6巻 (【著者】松本零士) 復刊リクエスト

ビリ犬 第1巻

ドタバタ劇

本当にドタバタ劇で、なにがやりたいのかちょっとわからない。でも謎の生き物と少年のドタバタ劇こそが藤子不二雄の真骨頂。純粋に楽しめる。 (2018/02/28)

ビリ犬 第1巻 (【著者】藤子不二雄A) ショッピング

魔太郎がくる!!全13巻

魔太郎がくる

僕が子供の頃、藤子不二雄は一心同体だった。だから、ドラえもんも怪物クンもオバケのQ太郎も、作者は一人だった。当然、この魔太郎がくるもドラえもんの作者が描いた作品だった。それだけに衝撃が大きく、ちょっとしたトラウマになった。それでも気弱な少年(表向きは)が主人公で、力のある者に復讐していく様は爽快でもあった。藤子不二雄作品で全巻持っていたのは結局、この作品だけだった。 (2017/08/05)

魔太郎がくる!!全13巻 (【著者】藤子不二雄) 復刊リクエスト

無能の人

無能の人

つげ作品は一話完結の作品集が多いのですが、本作品は珍しく連作で、6話続きます。内容は私小説的で、つげ(作品の中では助川)一家の悲しくも可笑しい日常が綴られています。とはいえ、そこはつげ作品。山井という、実在しているのかいないのかわからないような不思議な人物が登場したり、井月という実在した昔の俳人のことが描かれ幻想的に纏められています。さらに、無理やりギャグ漫画に仕立てようとするつげの悪あがきぶりに思わずニンマリしてしまいます。そういう意味でも、異色のつげ作品と言えます。 (2017/02/07)

無能の人 (【著者】つげ義春) 復刊リクエスト

西高瀬川少年探険団さん

西高瀬川少年探険団さん

プロフィール

[ニックネーム]
西高瀬川少年探険団さん

TOPへ戻る