1. TOP
  2. hanazawaさんの公開ページ

hanazawaさんのページ

復刊リクエスト投票

反戦エスペランチスト・長谷川テル作品集

反戦という言葉.ほとんどの方がそうだと思いますが,自分の近しいものたちを救うためならば,兵士となって自分の体を張ることには躊躇はしません.しかし現実の戦争はそのような原因で発生していない.割と最近の朝日新聞の記事だったと記憶していますが,長谷川テルが大陸から日本の人に向けて発したという戦争糾弾のメッセージには日本の侵略戦争の目的が適切に表現されている(と思いました).当時の日本でこのような目を育てたのは何か(エスペラント?).軍部の追及を逃れてスケールの大きい活動をしたこの一女性:日本の歴史が誇るべき女性の一人と存じます.広く知られるべき人だと思います. (2002/10/02)

反戦エスペランチスト・長谷川テル作品集
【著者】宮本正男編

反体制エスペラント運動史

Esperantoという美しい国際言語に,なぜ反体制という言葉がついてくるのか.反エスペラントの体制の中身を眺めてみたいなあ.というのが 希望する理由です.今の世の中,今の世界の体制というものを理解するのにもずいぶんと役立ちそうな気がします. (2002/10/02)

反体制エスペラント運動史
【著者】大島義夫 宮本正男/著

夜あけ前の歌

おそらく,エロシェンコはわたしの大好きな人間の一人となるでしょう.どんな人間だったのか,知りたい. (2002/10/02)

夜あけ前の歌
【著者】高杉一郎

エロシェンコ作品集

エロシェンコは,盲人というハンデを持ちながら,国際語エスペラントを核にして,アジアの国々の人々に溶け込み生活し,美しい小説,童話をエスペラント,現地の言葉,等で創作していると聞いております.特に文章がすばらしいという(うわさでしか知りませんが)ことで読んでみたいという希望を抱いておりました.この話を聞いてから,ほぼ十年ほど経ちますが,エロシェンコの作品にお目にかかる機会が得られません.復刊という手段があるのならば全面的に支援したいと存じます. (2002/10/02)

エロシェンコ作品集
【著者】ワシリイ・エロシェンコ(高杉一郎編訳)

hanazawaさん

hanazawaさん

プロフィール

[ニックネーム]
hanazawaさん

TOPへ戻る