復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

平成の読書家さんのページ

復刊リクエスト投票

  • 緑色のストッキング

    【著者】安部公房

    安部公房は日本が生んだナンバー1の小説家だと思うから。
    もっと読まれてよいと思う。(2005/12/12)
  • 対談集: 発想の周辺

    【著者】安部公房

    安部公房と三島由紀夫の対談が読みたいので。(2005/12/12)
  • 折伏鬼

    【著者】志茂田景樹

    創価学会の真実は恐ろしいものなのではないかと思う。
    日本ではメディアが勇気がないのか(それとも悪なのか)、在日・創価などのダークな真実は公表されていないと私は考えます。
    もっと一人一人が勇気を持って、言論をもって悪に立ち向かうべきだと思う。
    その為にもこのような本は復刊されるべきだと思います。

    ちなみにgoogleで「創価学会」と検索してみると、なんとも問題のある組織であることがわかりますね。(2005/12/12)
  • 括弧・リッツォス詩集

    【著者】ヤニス・リッツォス著 中井久夫訳

    池澤夏樹著「ギリシャの誘惑」という本を読んでから、無性にギリシャの詩が読みたい。
    エリティスがノーベル文学賞を受賞したけど、
    リッツォスもエリティスに並ぶくらいの詩人だそうです。
    リッツォスは図書館では見かけるが書店ではなかなか見かけないのが残念です。
    翻訳者が中井久夫氏であることも気になるところ。

    あと、どなたか、エリティスを翻訳してください。(2005/11/30)
  • 人と超人 ピグマリオン―ベスト・オブ・ショー

    【著者】ジョージ・バーナード・ショー

    個人的にはシェークスピアは好きではない。科白がうそ臭くて、大仰だからだ。シェークスピアをセンスで超える劇作家といえば、ジョージ・バーナード・ショーしかいないだろう。超有名人なのになんで読めないの?(2005/08/12)

もっと見る

T-POINT 貯まる!使える!