復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

3

投票する

特高史観と歴史の偽造 立花隆「日本共産党の研究」批判




復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 3

著者 日本共産党
出版社 日本共産党中央委員会出版局
ジャンル 専門書
登録日 2002/03/12
リクエストNo. 8336

リクエスト内容

1978年10月
立花隆「日本共産党の研究」に対して日本共産党が反論した書

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全3件

  • 類書に、犬丸義一「『日本共産党の研究』の研究  その歴史と今日的課題 」(1980年、発行所=現代史出版会、発売所=徳間書店)というのもありますよ。犬丸センセは「正しい党史の立場に」立ってらっしゃる歴史研究者の方で、文春と立花隆に対して、「あれだけのテマと金をかければ、未発掘な新事実のひとつやふたつ、見つかって当然だ」なんて、やっかみ半分の批判をしておられました。
    パルタイ(意味わかります?)が立花本に関して、本当に怒ったのは「スパイM」の件(わかるかなぁ?)だったそうですけど。
    国会質疑でも取り上げられた「リンチ殺人事件」の方は、ただの旧悪バクロですけど、「スパイM」の方は、長期間の論争(大塚有章氏、埴谷雄高氏、松本清張氏などによる)に立花隆が決着をつけた、クリーン・ヒットでしたもんね。 (2002/03/12)
    GOOD!1
  • どんな批判がなされているのでしょうか
    読んでみたいです (2004/02/17)
    GOOD!0
  • 日本共産党研究に必要な書です。 (2002/03/12)
    GOOD!0

NEWS

  • 2002/03/12
    『特高史観と歴史の偽造 立花隆「日本共産党の研究」批判』(日本共産党)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!