1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. コミック・漫画
  4. 『狼の星座(横山光輝)』 投票ページ

狼の星座

得票数
58票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

第二次大戦の満州近辺を舞台に、日本をとびたしてひょんな事から馬賊に身を投じた主人公、小東洋の物語。
木銃を持って射撃の訓練をするシーンが、何故か印象深いですね。

横山氏によると主人公のモデルになった方、小日向白郎氏の話を基にしているそうです。 (KC版第1巻の後書きに記述あり。直接取材に行かれたそうです。)
また、「その名は101」が初出だと言われている、薄幸のヒロイン銀鈴の元ネタは実際はここから来ています。

どうして彼女がここまで不幸なのかも。

投票コメント

以前所有していて、子供たちも「満州」や「馬賊」に興味を持ったようでした。今は何かと軽視されやすいこの時代の中国東北部を、日本人の馬賊の頭目の目を通じて描いてあるのは貴重だと思います。10年前の転居の際、廃棄せざるを得ませんでしたが、今でも惜しくてたまりません。 (2014/07/16)

1

床屋でたまたま連載中に見つけて以降、毎週立ち読み (当時、週間マンガは購入を禁じられていた。) その後単行本になってから購入も、引越しの際に親に ゴミとして勝手に捨てられてしまった。 中国の歴史やモデルガンに興味を覚えるきっかけとなった。 (2004/05/05)

1

子供の頃に胸躍らせて読んだ記憶があります。 肝心の内容の方は殆ど忘れており、もう一度読みたいので「あばれ天童」と一緒に古本屋で探していますが、全然見当たりません。 もう十年以上探しているのですが・・・ 「あばれ天童」はコミック文庫が出版されたので、そちらを購入する事にしました。 「狼の星座」も同様にコミック文庫で出版して下さい。 よろしくお願い致します。 (2004/04/15)

1

懐かしい!子供の頃夢中で掲載誌(少年マガジン)で読みました。あの時代を背景にした物語では、とかく大陸での日本人の蛮行が語られることが多いですが、そんなこととは関係無く僕等は「ある種のロマン」(これもクセモノなのかもしれませんが)を感じながら読みふけったものです。 (2004/02/16)

1

小学生のころ、横山光輝先生の「水滸伝」を読んで、先生にハマり 自分ではじめて買ったのがKC版「狼の星座」 そのKCコミック版がそろそろ背表紙の糊がヤベーな状況で 高校のころ、版型が大きくなって読みやすくなった KCワイド版を買いなおしたものも読み込んだので 表紙カバーがボロボロ。 古本屋で探せど、なかなか見つからず。 見つかっても、傷みの激しいものがバカ高。 読めるものを手元に置きたいので 復刊されるなら、KCワイド版か、より大きい版型で 分冊数も3か4程度を希望。 一冊なんかにまとめられると 嵩だかで、背表紙がはがれる危険性も増し読めません。 ぜひ、「読める復刊」を! (2004/01/03)

1

もっと見る

新着投票コメント

連載当時に読んでいたが,単行本は買わなかったので,うっすらとしか記憶していないため。 (2016/10/04)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2005/09/05
『狼の星座  1』販売開始しました!
2005/09/05
『狼の星座  2』販売開始しました!
2005/09/05
『狼の星座  3』販売開始しました!
2005/09/05
『狼の星座  4』販売開始しました!
2005/02/16
復刊!横山光輝著『狼の星座 1~2』
2002/02/16
『狼の星座』(横山光輝)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

第二次世界大戦・太平洋戦争に関するQ&A

二十年近く前に小学校の試験で読んだ小説を探しています。

小学校の国語の試験に出た小説を探しています。 太平洋戦争で学童疎開した少年が主人公でした。 少年は地元の子供たちから、度胸試しで高所から川に飛び込むことを求められます。少年はバカにされたくなかったた...

TOPへ戻る