復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

23

投票する

火の柱

火の柱

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 23

著者 木下尚江
出版社 岩波書店
ジャンル 文芸書
ISBNコード 9784003101810
登録日 2021/10/11
リクエストNo. 71838

リクエスト内容

新聞記者をしながら社会主義運動に大いに活躍していた尚江(1869-1937)が、対露開戦の機迫るにおよび、反戦運動のひとつとして発表したのがこの作品である。社会悪に対する憤り、筆致の激しさ、描かれた事件のなまなましさのために当時大きな反響を呼んだが、今日でも主人公篠田長二を通して作者の烈々たる意気を感ずることができるであろう。解説=柳田泉。
(岩波書店ホームページより)

木下尚江の小説『火の柱』は、有島武郎、中里介山、武者小路実篤、賀川豊彦、山川菊栄、杉浦明平、家永三郎、木村毅、鶴見俊輔、小田切秀雄、武田清子などに大きな影響を与えた作品です。
1904(明治37)年のベストセラー首位は『良人の自白』、第二位は『火の柱』と木下尚江の二著作が占めています。
『火の柱』は既に英語・中国語等に翻訳されており、韓国の近代小説の形成に少なからぬ影響を与えました。日本及び世界文学史・思想史において大変重要な作品です。

早く復刊されることを心から願います。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全23件

  • 木下尚江は、今こそ再読されるべき、重要な思想家です。
    さまざまな社会運動の蓄積が、このネオリベラリズムの時代に見直されていますが、木下尚江は、本当に多くの先駆的な視点を残したと思います。『火の柱』はその代表的な作品だと思います。 (2021/10/11)
    GOOD!2
  • 綺麗な本で読みたい (2021/10/24)
    GOOD!1
  • 全く古びることのない作者の批判精神を、今に、そして将来にも活かすために必要な書籍だと思います。 (2021/10/18)
    GOOD!1
  • 木下尚江の思想、そしてその代表的著作『火の柱』は現代においてこそ広く読まれるべきです。 (2021/10/12)
    GOOD!1
  • 日露戦争時代の反戦文学に関心があります。 (2021/10/12)
    GOOD!1

もっと見る

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

NEWS

  • 2021/10/11
    『火の柱』(木下尚江)の復刊リクエスト受付を開始しました。

  • 2021/10/11
    『火の柱』が10票に到達しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!