復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

1

投票する

傍訳 梵網経

傍訳 梵網経

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 1

著者 谷玄昭(監修) 勝野隆広(編訳)
出版社 四季社
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784884055660
登録日 2021/02/18
リクエストNo. 70874

リクエスト内容

「十重禁戒」と「四十八軽戒(しじゅうはちきょうかい)」という、58の戒めを説いた『梵網経』。大乗仏教の菩薩戒について記されている経典であり、いわゆる「戒定慧」の三学の戒を守って生きることを説く。日本には天平時代に請来され、東大寺における鑑真和上による聖武天皇への梵網戒授与は、授戒会として後世にまで受け継がれている。以後、梵網経のみで出家僧になれるとされた。その日本仏教の各祖師にとって基本経典、重要経典として位置付けられている「梵網經」をわかりやすいと定評のある傍訳方式で編纂。(Amazon商品ページより)

正式名称は『梵網経盧舎那仏説菩薩心地戒品第十』といい、訳者は鳩摩羅什とされます。上下二巻で、とくに下巻は「菩薩戒経」と呼ばれ、中国仏教ひいては日本仏教における菩薩戒(菩薩が守るべき戒律)を示しています。
一般に中国撰述の偽経とされますが、天台宗の智顗が『菩薩戒義疏』を華厳宗の法蔵が『梵網経菩薩戒本疏』を著し、日本においても空海が密教的な立場から『梵網経開題』を著し曹洞宗の道元も度々言及しています。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全1件

  • 偽経であることはほぼ確定しています。ただ本経を基に多くの戒律が整備されたことを考えると、後世に与えた影響は並の真経以上だと思います。
    ネットで検索すれば現代語訳がいくつもヒットしますが、出家・在家問わず書籍の形で読みたい・学びたいという方は多いと思います。
    できれば本経の経疏(解説)や同じく菩薩戒を説いた『菩薩瓔珞本業経』も収録していただきたいです。 (2021/02/18)
    GOOD!1

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

NEWS

  • 2021/02/18
    『傍訳 梵網経』(谷玄昭(監修) 勝野隆広(編訳))の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!