1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『親愛なる者へ(野沢尚)』 投票ページ

親愛なる者へ

  • 著者:野沢尚
  • 出版社:フジテレビ出版
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2001/12/17
  • ISBNコード:9784594010065
  • 復刊リクエスト番号:6947

得票数
38票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

以前、フジテレビで、柳葉敏郎と浅野ゆう子がやってたドラマ「親愛なる者へ」の原作。あの頃見たときはイマイチよくわからなかったのだけど、今思えば、ものすごく深いドラマだったのではないかと。。ちゃんと読んでみたい。

投票コメント

野沢作品と意識せず ハマっていた連続ドラマでした。ドロドロした感情を露呈していたにもかかわらず 登場人物の台詞はどれもとても正直でハッとさせられるものが多かったと思います。だからこそ シナリオを読んでみたい。画像としても心に焼き付いている場面がいくつもあります。大好きだった「この愛に生きて」はなんとかレンタルビデオで見つけましたが こちらはもう見るコトができなそうなので せめてシナリオだけでも…。 (2007/11/04)

1

今まで観たドラマの中で一番印象に残っているドラマです。 以前ビデオ録画をして年に何度も見直していたのですが、 人に貸したまま戻ってこなくなってしまいました。 夫婦間の中での色々な事件から絆が生まれるまで…。 また観れる日をいつも心待ちにしています。よろしくお願いします! (2002/12/03)

1

10年前も深い話だなと思いテレビをかかさず見ていましたが、当時20代前半で独身ということで夫婦というものが良くわかりませんでしたが今結婚7年目で同じく子供のいない夫婦でまさしく同じ状況になって思い出したのがこの作品で、もう一度見てみたくなりました。 (2002/10/24)

1

皆さんも仰ってる通り、野沢さんの作品はホントに奥の深い作品ばかりだと私も思います。ドラマの方では中島みゆきの『浅い眠り』は印象に残ってるのですが、中盤1回程度しか見ていないのが非常に残念です。 (後の『この愛に生きて』で一気に野沢ファンへ) …となったら、是非原作の方読みたいです。 (2002/09/25)

1

まったくおっしゃる通り、とても深い内容でした。この「親愛なる者へ」と、「素晴らしきかな人生」「この愛に生きて」がいわゆる夫婦三部作と呼ばれる野沢作品で、3つのドラマを通して夫婦のかたち・問題点を描いているようですね。 (2002/08/10)

1

もっと見る

新着投票コメント

とても好きなドラマの原作です。 是非新品で読みたいです。 (2014/05/10)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2001/12/17
『親愛なる者へ』(野沢尚)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

日本文芸に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

TOPへ戻る