1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 児童書・絵本
  4. 『スイスのロビンソン(ウィース)』 投票ページ

スイスのロビンソン

  • 著者:ウィース
  • 出版社:学研
  • ジャンル:児童書・絵本
  • 復刊リクエスト開始日:2019/03/25
  • ISBNコード:9784050013869
  • 復刊リクエスト番号:68146

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

既に岩波文庫版の復刊リクエストが出てるけど、学研版の世界名作シリーズの本書の復刊を希望します。理由は岩波文庫の訳は堅苦しくて、面白くないため。学研版は小川超という、ドイツ文学者によるもので、東大でフォンターネなどの19世紀ドイツ文学を講じていた。そのせいか、訳文はこなれて、読みやすい。デフォーのロビンソンの影響はヨーロッパ、とりわけドイツで大きく、これ以前にはティークが出版したシュナーベルの『フェルゼンブルグ』があり、ウィースのはそれ以来の最大傑作と言われる。イギリスのマリアットにも影響を与え、ロビンソン物が逆輸入されたので、本書は英米でも有名だ。学研は良い本を出してるけど、めったに再販しない。もう少し、文化的になってほしいけどね。

新着投票コメント

入手しずらいため。また、岩波文庫版より訳文が優れているため。 (2019/03/25)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2019/03/25
『スイスのロビンソン』(ウィース)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る