1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 児童書・絵本
  4. 『五月の鷹(アン・ローレンス 著 / 斎藤倫子 訳)』 投票ページ

五月の鷹

  • 著者:アン・ローレンス 著 / 斎藤倫子 訳
  • 出版社:福武書店
  • ジャンル:児童書・絵本
  • 復刊リクエスト開始日:2018/10/20
  • ISBNコード:9784828849867
  • 復刊リクエスト番号:67497

得票数
14票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

アーサー王物語に出てくる円卓の騎士の一人、ガウェインを主人公とした作品。現代に受け入れやすい登場人物やストーリーで、かつ中世のアーサー王物語のモチーフもふんだんに使われています。描写が美しく、なにより主人公のガウェインが魅力的!


投票コメント

現在読書中ですが伝承などの原典書籍と違い非常に取っ付きやすい文体になっておりエンターテイメント的です。アーサー王伝説の登場人物の一人ガウェインを主人公にしており少しマニアックにも見えますが現在人気のゲームの登場人物にもなっているのでこちらの本への興味が高まっていると感じています。ただ、なにぶん出てから時間が経っているためネット上で価格が高騰し非常に手に入れづらい状況です。 本としては大変読みやすく親しみやすいのでアーサー王伝説書籍全般への入り口としてもオススメできるものですが入手困難なのがネックです。発行元の福武書店も現在はベネッセとなっており個人では再販要望も難しそうに感じましたので復刊を要望します。 (2018/10/20)

5

遊

読みやすく、主人公の騎士様がとてもかっこいいです。 現在、古本が高騰しており、こんなに魅力的な本が、手に取りたい方に渡らないのが悲しいので、復刊していただきたいと思います。 (2018/10/20)

4

絶版で、ネット上で扱われてる分は価格が高くなっており、手にし難い状況な為。(地元の市立図書館で見つけて借りて読みました) アーサー王物語に出てくる、円卓の騎士の一人、というより、青年ガウェインの冒険という内容で、(中学生くらい対象の)児童書で翻訳モノですが、大人が読んでも充分に面白い物語です。 公立の図書館に蔵書されていて、貸し出しして読めるかも知れませんが、ファンとしては自分の本棚に収めて、いつでも読み返したいです。 (2018/10/20)

4

子どもの頃に読んだ同じ作者の児童文学がきっかけでイギリスの妖精譚に興味を持ち、大学でも専攻していました。子ども時代には気づかなかった作者の他の著作の存在を今回SNSを通じて知り、是非読んでみたいと強く感じています。人物描写に優れ、繊細な心情を巧みな言葉で表現する作者がアーサー王伝説を下敷きにどんな物語を紡ぐのか、非常に興味があります。 (2018/10/20)

4

椿

椿

主人公のガウェインが本当にかっこいいので、いろんな人におすすめしているのですが、絶版で値段がとても上がっているので… (2018/10/20)

4

もっと見る

新着投票コメント

近年ソーシャルメディアなどで人気の高いガウェインの原典であるこの作品を世の中に広まって欲しい (2018/10/25)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2018/10/22
『五月の鷹』が10票に到達しました。
2018/10/20
『五月の鷹』(アン・ローレンス作 斎藤倫子訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る