1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 児童書・絵本
  4. 『夢の書(上・下)(O.R.メリング)』 投票ページ

夢の書(上・下)

得票数
2票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

アイルランドの妖精たちが舞うメリングのケルトファンタジー
かくされた謎を追う少女の秘密!

妖精国を救うのは人間のつとめ。邪悪な<敵>から妖精国を守るため、少女ダーナは、カナダにかくされた謎を追う。
3つの物語『妖精王の月』『夏の王』『光をはこぶ娘』がこの『夢の書』の中でひとつに結ばれ、妖精の世界をめぐる壮大なファンタジーの最終章が幕をあける!
(講談社HPより)

投票コメント

メリングさんの妖精作品が好きで、1作目『ドルイドの歌』~5作目『光をはこぶ娘』までは新刊で購入し読破したのですが、6作目『夢の書』のみ未読となっており、是非読みたいと思っているもの。 5作目までの装丁も美しかったので、できれば同じ想定での復刊を希望します。 (2018/05/15)

2

「夢の書」を含むメリングさんのケルトファンタジーでアイルランドを知った。妖精と人間が自然に同居している世界観に心を奪われ、アイルランドという国に興味をもった。夢の書は、前作までとは違ってカナダが舞台ではあるものの、主人公はカナダに移住してきたアイルランドの女の子。物語はここにきて、カナダの先住民たちの呪術や中国の呪術にまで世界をひろげて、読者を捉え離さない。 読後に、最後のシーンが頭に浮かんできて離れなかったことをよく覚えている。図書館で何度も読んだけれど手元におきたい。 (2018/08/15)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2018/05/15
『夢の書(上・下)』(O.R.メリング)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る